秋の観光にも使える、京都の交通便利帳 混雑するバスを避けて鉄道をうまく使おう!乗換や使い分けのテクニックをご紹介

こんにちは豆助です!もうすぐ秋の本格的な観光シーズンがやってきますね!

今回は久しぶりに京都の交通についてご紹介します。

秋の観光シーズンの京都は、確かに古都に映える美しい紅葉を観ることができ、観光にはもってこいなのですが、土日も平日も大勢の観光客が訪れ、市内は大混雑します。

そこでこの記事では、少しでもその混雑を避けて快適に移動できるよう、知っておくと便利になるテクニックをご紹介したいと思います。

 

「京都は市バスが便利」はちょっと違う

 

京都市内の交通は、様々な地下鉄やバスの市営交通や私鉄、JRなどが入り乱れ、その連携が取れていないのと市バスが渋滞に巻き込まれ遅延するので、ガイドブックやスマホの地図が全くと言っていいほどあてになりません。

よくガイドブックには「京都は市バスが便利」とありますが、私はこれはちょっと違うと思っています。

なぜなら鉄道のターミナル同士が離れており、碁盤目状の狭い道路でバスと車が大混雑するため、移動にとんでもなく時間がかかります。また荷物が多いと、他の乗客に迷惑をかけたり、思うようにバスに乗れないなんてこともあります。それならタクシーに乗るのが無難、といいたいところですが、道路の混雑でそれもうまくいかないでしょう。

確かにバスの1日乗車券(市バス+京都バスの均一区間乗り放題)は500円と安いのですが(2018年春から600円)、多くの人が使っているため、その分混雑は避けられません。結果的に行きたいところに行けなかった…となったらそれは意味がありませんよね。

無駄なお金を掛けず、公共交通機関をうまく乗りこなせば、京都をより楽しく快適に移動することができると思います。

 

バスの時間はあてにならない

 

バス大国とも言われる京都市のバス路線図

京都の観光地といえば、やはり金閣寺清水寺嵐山でしょう。

京都駅から金閣寺行きや清水寺行きのバスが出ていますが、混雑と渋滞に巻き込まれ、辛い思いをします。

京都駅前バスターミナル(京都駅烏丸口)は市内各方面へのバスが出ていますが、バス待ちの列で混雑が酷く、案内も分かりにくいです。もちろん道も渋滞しているので、バスのダイヤはあてになりません。

例えば市バスダイヤでは京都駅前から清水坂まで14分となっていますが、14分じゃ無理です。確実に30分以上かかります。さらに京都駅前バスターミナルでバスを待つのも約30分。平日でも物凄い列ができているので、土日はもっとでしょう。

清水寺へ行く正解は、京都駅からJR奈良線で1駅の東福寺駅で下車、接続している京阪本線に乗り換えて清水五条駅で下車して歩くことだと思います。うまく使えると、京都駅から清水五条駅まで10分、清水寺まで徒歩20分ほどです(清水坂のバス停からも15分かかる)。

金閣寺へ行くのも、ダイヤでは35分ほどですが、道路の混雑とバス待ちで、1時間以上かかる場合もあります。

これの正解は、京都駅から地下鉄烏丸線で北大路駅へ。北大路駅のバスターミナルから205系統で金閣寺道下車が正解です。これだと、30分で行けます。

嵐山も京都駅や四条河原町などからバスだと約1時間。混雑しているとさらにかかってしまいます。

 

まずはターミナル駅を知っておく

京都市内には京都市営地下鉄を含め、使える市内電車が7路線、郊外電車が2路線あります。前者は地下鉄烏丸線、地下鉄東西線、阪急京都線、京阪本線、JR嵯峨野線(山陰本線)、JR奈良線で、後者は叡山電鉄、嵐電です。

京都市内の鉄道ターミナルとしては、

  • 東京・名古屋・博多から新幹線で来たとき、JR在来線で来たとき、近鉄で奈良方面から来たときのターミナル、京都駅
  • 大阪梅田や神戸三宮から、伊丹空港からモノレール乗換で阪急電車できたときのターミナル、阪急京都線・河原町駅
  • 大阪市内中心部や、伊丹空港からモノレール乗換で京阪電車できたときのターミナル、京阪本線・三条駅、祇園四条駅

の3つがあります。

まずはこれを把握しましょう。自分がどの路線で京都に入って、帰るのか、まずはその駅を中心に動くことになります。

また高速バスのターミナルは基本的に京都駅なので、バスで来る場合は京都駅を起点にします。

 

知られざる乗換拠点を知ろう

 

さて本題です。京都の交通機関は、上にあるように、ターミナルが市内に分散しています。それをつなぐのはバス。京都のバスが混雑する一因です。

ですが、ターミナル同士で乗り換えなくても、乗換の拠点となる駅は実はたくさんあります。

使える鉄道同士の乗り換え拠点駅は

  1. 烏丸(阪急京都線)⇄ 四条(地下鉄烏丸線)…地下街で直結、3分
  2. 烏丸御池(地下鉄烏丸線 ⇄ 地下鉄東西線)…改札内で乗換、2分
  3. 京都(JR線 ⇄ 近鉄京都線 ⇄ 新幹線 ⇄ 地下鉄烏丸線)…駅ビル内で乗換、各5分
  4. 二条(地下鉄東西線 ⇄ JR嵯峨野線)…地上から地下へ連絡通路、4分
  5. 西院(阪急京都線 ⇄ 嵐電嵐山本線)…連絡改札あり、2分
  6. 大宮(阪急京都線)⇄ 四条大宮(嵐電嵐山本線)…地下から地上へ、4分
  7. 河原町(阪急京都線線)⇄ 祇園四条(京阪本線)…地上へ出て四条大橋を渡る、4分
  8. 三条(京阪本線) ⇄ 三条京阪(地下鉄東西線)…地下連絡通路で4分
  9. 東福寺(JR奈良線 ⇄ 京阪本線)…連絡改札あり、2分
  10. 出町柳(京阪本線 ⇄ 叡山電鉄)…連絡通路、3分
  11. (阪急京都線 ⇄ 阪急嵐山線)…改札内で乗換、2分
  12. 帷子ノ辻(嵐電嵐山本線 ⇄ 嵐電北野線)…改札内で乗換、2分
  13. 太秦天神川(地下鉄東西線)⇄ 嵐電天神川(嵐電)…地下から地上、3分
  14. 嵐山(阪急嵐山線)⇄ 嵐山(嵐電嵐山本線)⇄ JR嵯峨嵐山(JR嵯峨野線)…各駅間それぞれ8分
  15. 丹波橋(京阪線 ⇄ 近鉄線)…連絡通路で2分
  16. 竹田(烏丸線 ⇄ 近鉄線)…改札内で乗換、2分
  17. 中書島(京阪本線 ⇄ 京阪宇治線)…改札内で乗換、2分
  18. 山科(東西線 ⇄ JR琵琶湖線・湖西線 ⇄ 京阪京津線)…地下と地上の連絡通路、5分

があります。

京都市内は各路線の駅名が統一されていないので、観光客だけではなく地元の人たちも乗り換えの便利さに気づいていないパターンがほとんど。

特に①、⑦、⑧、⑨は知っているとかなり便利です。

例えば京都駅から清水寺に行くときは⑨で京阪本線に乗り換えて清水五条駅、そこから二条城へ行くなら⑧で二条城前駅、清水寺から嵐山へ行くなら⑦で阪急線に乗り換えて⑪もしくは⑤⑥で嵐山へいけます。

 

有名観光地は鉄道+徒歩orバスがベスト

さてさてここまで乗換のテクニックやターミナル駅をご紹介しましたが、そのなかで京都駅四条河原町(阪急線河原町)、四条烏丸(烏丸線四条と阪急線烏丸)、三条京阪(京阪線三条と東西線三条京阪)の4駅は、大きなバスのターミナルとなっています。

が、街中のバスターミナルから市バスに乗ると、混雑と渋滞に巻き込まれることが少なくありません。

なのでここはやはり、鉄道をうまく使いこなすことが重要になってきます。

有名観光地エリアへは「鉄道+徒歩」

  1. 清水寺、高台寺エリア…清水五条駅(京阪線)から徒歩20分
  2. 平安神宮、岡崎エリア…東山駅(地下鉄東西線)or 神宮丸太町駅(京阪線)から徒歩8分
  3. 二条城…二条城前駅(地下鉄東西線)から徒歩3分
  4. 京都御所…丸太町・今出川駅(地下鉄烏丸線)から徒歩3分
  5. 伏見稲荷大社…伏見稲荷駅(京阪線)or 稲荷駅(JR奈良線)から徒歩3分
  6. 祇園、八坂神社、知恩院エリア…祇園四条駅(京阪線)or 河原町駅(阪急線)から徒歩8分
  7. 南禅寺、哲学の道…蹴上駅(地下鉄東西線)から徒歩6分
  8. 三十三間堂、京都国立博物館、豊国神社…七条駅(京阪線)から徒歩5分
  9. 東福寺…東福寺駅(京阪線、JR奈良線)から徒歩10分
  10. 東寺…京都駅から徒歩15分、東寺駅(近鉄)から徒歩5分
  11. 梅小路公園(京都水族館・京都鉄道博物館)…京都駅から徒歩15分
  12. 北野天満宮…北野白梅町駅(嵐電)から徒歩5分
  13. 金閣寺…北野白梅町駅(嵐電)から徒歩15分
  14. 下鴨神社…出町柳駅(京阪線、叡電)から徒歩8分
  15. 嵐山エリア…嵐山駅(阪急嵐山線、嵐電)or 嵯峨嵐山駅(JR嵯峨野線)から徒歩8分

金閣寺と銀閣寺、上賀茂神社へは「鉄道+バス」

  1. 金閣寺…北大路駅(地下鉄烏丸線)の北大路バスターミナル、市バス205系統(西大路通、金閣寺方面)に乗り換えて10分(前項の通り、北野白梅町駅から徒歩15分なので嵐山方面からはこちらがよい)
  2. 銀閣寺…今出川駅(地下鉄烏丸線)または出町柳駅(京阪線、叡電)で市バス203系統、17系統などの銀閣寺方面行きに乗り換え
  3. 上賀茂神社…北大路駅(地下鉄烏丸線)の北大路バスターミナル、市バス37・北3系統(西賀茂車庫、京都産大方面)に乗り換えて10分 or 出町柳駅(京阪線、叡電)・今出川駅(地下鉄烏丸線)から市バス4系統で15分

足を伸ばして宇治・貴船・鞍馬へ

京都の観光地は市内中心部だけではありません。ちょっと足を伸ばせば、10円玉でおなじみ平等院鳳凰堂のある宇治、貴船の川床や貴船神社で有名な貴船、鞍馬寺のある鞍馬など、素晴らしい観光地があります。

貴船・鞍馬へは、出町柳駅(京阪線・叡電)から叡山電鉄鞍馬線に乗って約30分で行くことができます。

宇治へは、京都駅からはJR奈良線で約30分でJR宇治駅、京阪では京阪本線の中書島駅で京阪宇治線に乗り換えて約20分で京阪宇治駅につきます。また京阪の中書島駅の近くは伏見エリアで、伏見の酒蔵や龍馬が泊まった寺田屋など、こちらも観光するといいかもしれません。

 

おすすめのお得な乗車券

 

「市バス・京都バス1日乗車券」(500円)

市バスと京都バスの230円均一区間内(京都市内中心部のほとんど)が乗り放題の乗車券。バス車内・バス案内所などで発売。

「京都観光一日・二日乗車券」(一日券1200円、二日券2000円)

市バス全線と地下鉄全線、京都バスの主要路線が乗り放題。地下鉄各駅、バス案内所などで発売。

「嵐山・東山1dayチケット」(1000円~)

京阪電車の各駅〜伏見稲荷駅の往復伏見稲荷駅〜出町柳駅【乗降自由】嵐電(京福電車)全線【乗降自由】阪急電車の河原町〜桂駅〜嵐山駅【乗降自由】というエリアで自由に使えるきっぷ。発売額は乗車駅により異なり、伏見稲荷~出町柳間の駅で買うと1000円京阪本線のその他の駅でも最大1300円で、阪急も京阪も嵐電も乗れる。京阪線の各駅で発売。これが一番オススメ。

「京阪みやこ漫遊チケット」(1600円)

京阪電車(京阪線全線、男山ケーブル、京津線(御陵駅〜浜大津駅))と京都市営地下鉄全線、京都市バス全線、京都バスの均一区間+大原・岩倉地区で乗り放題の乗車券。大阪を起点に動くなら、大阪までの往復もできてオススメ。

 

おわりに

 

というわけで今回は、京都の観光に使える、交通機関の利用テクニックをご紹介しました!

これまでも京都の記事でちょこちょこと紹介していたのですが、ようやくまとめることができました。

もうすぐ紅葉が綺麗な季節。京都にお越しの際は、ぜひ使ってみて下さい!

記事中に出てきた、京都と滋賀の広域地図は、DOWNLOADページにてPDF版を配布しています。

また去年の記事ですが、京都のオススメ紅葉スポットをsony α6000で撮った写真とともに紹介した記事もあります。

よかったら使ってみて下さい。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい