Fossil Qを1週間使ってみた!オシャレでハイスペックで電池持ちも素晴らしかった【レビュー】

先日、スマートウォッチ「Fossil Q」を購入してから1週間が経ちました!

もうすでに、スマートウォッチが無くてはならなくなってきましたが、1週間使い倒したのでファーストインプレッションをお送りします!

前回の「開封・設定・スペック編」はこちら

(誤字ってたので修正しました)

外観、欠けてる以外は文句なし!

dsc_0849

基本スペックもおさらいしてみると、ケース径は46mmで、22mm幅のストラップであれば一般的な時計のバンドと付け替え可能です。また約3000~5000円でフォッシルが付け替え用のストラップを販売しています。

ディスプレーは直径38mm(実測値)の円形で、モトローラ製スマートウォッチ「Moto 360」と同じように、下部が少し欠けています。ここが少し残念で、時計を表示したときに「6」の表示が半分しか出ません。でもまあ、慣れれば(笑)

CPUは最新のSnapdragon Wear 2100。メモリーは4GB。Wi-FiはIEEE 802.11 b/g/n対応で、バッテリーは360mAh。Android Wearの最新安定版である1.5.0(Lollipopベース)をプリインストールしています。

また、ペアリングするスマホがAndroid端末であればハンズフリー通話に対応しているため、本体側面にはスピーカーとマイクが備え付けられています。

電池持ち、抜群。

dsc_0863

充電ですが、背面に付属の非接触充電コードをくっつけて(磁石になっている)充電します。充電時間に関してはそんなに早い印象は持ちませんでしたが、時計をつけない夜中に充電するものなので、そんなに気にすることはないと思います。

さて、気になる電池持ちです。

初日は使い倒したこともあって朝8時から夜8時まで使って電池残量は23%。そこで設定を見直し、2日目以降は画面輝度は「1」、Wi-Fiは「オフ」と設定にしました。

すると同じく朝から晩まで約12時間使用して電池残量は69%!まさかこんなに違うとは思いませんでしたが、公式で謳っている「24時間持つ」というのも納得しました。

ちなみにLINEやFacebookメッセンジャー、メールの通知やカレンダーの通知、リマインダーを見たり、Bluetoothイヤホンを操作したりといったスマートウォッチらしい利用シーンには全く支障ありませんでした。

そして、画面は公式でなんのディスプレイを使用しているか公表していませんが、画面輝度「1」にしていても、日中の晴天時でも時刻を確認することはでき、よっぽどスマホの画面のように見えなくなるなんてことはありませんでした。そこはホントに素晴らしいです。(「常に画面表示」は「オン」に設定しています)

Android Wearの機能には満足しきれず…

screenmemo_2016-11-09-10-40-22

また別の記事にするとは思いますが、Android Wearのアプリを色々入れて試してみました。

僕は大学の時間割であったりスケジュールであったりバイトのシフトであったりを全部Googleカレンダーに登録しているわけですが、なんとGoogleカレンダーのWear公式アプリはありません!

なのでGoogle Nowで表示されるカードの通知として、時計に表示されます。

dsc00617 dsc00618

リマインダーなんかを見る分にはこんな感じです。緊急速報も表示されます。(写真は「通知テスト」のものです)

そしてGmailの公式アプリもなく、別のメール通知アプリを入手しました。

またLINEやFacebookメッセンジャーは、Wearアプリがあるわけではなく、直接通知がスマートウォッチに来ます。この通知ですが、スマホに表示される通知がすべて表示され、Wear上に表示している間はスマホの通知をミュートしたり、特定のアプリの通知はWearに表示しないようにも設定できます。

Wearにくる通知は、メッセージ系アプリであれば「声」で返信できます。これがちょっと使いにくい!さすがに時計に話しかけるのは…。ちなみにAndroid Wear 2.0では直接wear上で入力できるようになるらしいですが、そのアプデは来年…。早く来てほしいです。

また、通知をタッチすると「端末で開く」という項目も選べて、タッチすればスマホ上で自動でアプリが起動します。そしてLINEなどはメッセージの詳細をみれば、既読になりますので、「未読無視」の心配もありませんね。

暮らしのスタイルが変わる

ちなみにAndroid端末のSmartLockにも対応。

SmartLockにも対応

スマートウォッチをつけてからわずか1週間。ですが暮らしのスタイルは変わりました。

Fossil Qに合わせてBluetoothイヤホンも購入しましたが、Wear上でGoogle Play Musicを起動し、そちらに音楽をダウンロードしておくこと(ストレージは4GB)で、スマホ側にイヤホンを接続することなくWear上で音楽再生を操作できます。通学時にはスマホが出せない場面(電車やバスなんかで満員など)があったりしたのでとても便利です。

そして通知が来たらWear上に表示され、そこで確認できるので、歩きながらやスマホを出せない時でもさっと確認できて歩きスマホ対策にもなりますし、わざわざスマホを起動してロックを解除してアプリ開いて…という手間がただ時計を見るだけで済む、というのはとても素晴らしいです。スケジュールや通知をわざわざスマホを開いて通知を見る必要がないので、目的地に向かいながら、歩きながら見れるというのは大きいですね。(カレンダーの通知では次の時間、場所など詳しく表示してくれるので便利!!)

そして通知をWear上に表示しているときにスマホでの通知をミュートすることで、スマホの電池持ち対策にもなりました。結果、Wearなしの時に比べ帰宅したときのスマホの電池残量が20%ぐらい違いました(いつもは日中1回は充電しないとだめだった)

おわりに

というわけで、Fossil Qのレビュー、といいつつ途中からスマートウォッチレビューみたいになりましたがいかがだったでしょうか!

私の持ってるスマホが2年前のモデルということもあってちょっと限界なのがパフォーマンスに影響してるとは思いますが、それでもFossil QはSnapdragon Wear 2100を搭載していることもあって電池は持つしパフォーマンスも最高です!

まさかこんなに生活スタイルが変わるとは思いませんでした。

決して高い買い物ではありませんが、迷ったら買いですよ!(私も2か月悩みましたから)


(前回の「開封・設定・スペック編」はこちら

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい