JR西日本、18年夏に「ICOCA」エリアを一体化へ 近畿圏と北陸・山陽・山陰間をまたいで利用可能に

JR西日本は10月18日、「ICOCA」などのICカード乗車券が利用できるエリアを、近畿圏エリア、岡山・広島・山陰・香川エリア、石川エリアの3エリアをつなげて2018年夏に一体化すると発表しました。

 

JR西日本プレスリリース

現在、ICOCAなどの全国相互利用できる交通系ICカードが利用可能なエリアは、近畿圏エリア、岡山・広島・山陰・香川エリア、石川エリアの3エリア。この3つのエリア間には、ICカード乗車券が使えない駅が存在し、エリアをまたがって使用することもできません

しかし、2018年夏からICOCAサービスが3つのエリアをまたぐ3線区に新たに導入され、エリアが一体化される予定です。具体的には、山陽本線の相生~和気間の4駅 、赤穂線の播州赤穂~長船間の9駅 、北陸本線の近江塩津~大聖寺間の19駅で利用できるようになります。

これによりエリアをまたがった利用が可能となり、大阪駅から岡山駅までなど、在来線をICカードで移動できるようになります。

また2018年春には、草津線の貴生川~柘植間と、和歌山線の高田~五条間にもサービスが導入される予定で、JR西日本路線網のほとんどでICカードが使えることになります。

また、エリア拡大に先立ち、2018年春からICOCA利用エリアでICカードを使って乗車する場合、移動距離は営業キロ200km以内とする制限が設けられます。

つまり、大阪駅から岡山駅までは181kmなのでICカードでOK、大阪駅から広島駅までは345kmなので利用できない、といった具合です。

ただし、営業キロが200kmを超える場合でも、米原駅~相生駅間のように大阪近郊区間を相互発着する乗車や、大阪駅~金沢駅間のように在来線特急列車の停車駅相互間の乗車、尼崎駅~新宮駅間のように大阪近郊区間の駅と在来線特急列車停車駅の乗車は、ICカードを利用できます。

大阪近郊区間は上図のとおりです。

なお、利用区間にIRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道が含まれる場合、利用できる区間は現状どおり、越中宮崎~大聖寺間と高岡~新高岡間です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい