NTTドコモ 2017年冬発表会まとめ dポイントクラブ刷新、ドコモAIエージェントやdカーシェアなど新サービス続々

NTTドコモは10月18日、「2017冬 新サービス・新商品発表会」を開催しました。

2017年冬モデルの他、新サービスも発表されましたので、発表会の模様も交えてお伝えします。

《ドコモ2017年冬モデルスマートフォン・タブレットの記事はこちら》

NTTドコモ

2017年冬モデルは13機種ラインナップ

ドコモの2017-2018年冬春モデルは、スマートフォン11機種、タブレット2機種の全13機種となります。

  • Samsung「Galaxy Note8(SC-01K)」
  • Sony「Xperia XZ1 (SO-01K)」
  • Sony「Xperia XZ1 Compact (SO-02K)」
  • LG「V30+(L-01K)」
  • 富士通「arrows NX (F-01K)」
  • SHARP「AQUOS Sense(SH-01K)」
  • ZTE「Axon M(Z-01K)」
  • docomoオリジナル「MONO(MO-01K)」
  • LG「JoJo(L-02K)」
  • LG「Disney Mobile on docomo(DM-01K)」
  • 富士通「らくらくスマートフォン me(F-03K)」
  • 富士通「arrows tab(F-02K)」(タブレット)
  • Huawei 「dtab(d-01K)」(タブレット)

スマートフォン・タブレットの新機種についての詳細は別記事にまとめていますので、こちらの記事を参照ください。

《ドコモ2017年冬モデルスマートフォン・タブレットの記事はこちら》

docomo with対象端末は5機種に拡大

docomo withは今年夏から登場した新プランで、対象機種の購入で利用料金がずっと毎月1,500円割引となる料金プランです。

対象端末は「AQUOS Sense(SH-01K)」「MONO(MO-01K)」「らくらくスマートフォン me(F-03K)」が追加されて5機種が対象になりました。

Android 8.0 Oreoアップデート対象端末も発表

2017年冬モデルの発表に合わせ、2016年夏モデル以降の機種を対象にAndroid 8.0へアップグレードするものを公開。

2016年夏モデルでは3機種、2017年冬では5機種、2017年夏モデルで6機種が含まれます。また今回発表された2017年冬モデルでは、7機種がアップグレード予定。またXperia XZ1 SO-01K、Xperia XZ1 Compact SO-02K、V30+ L-01K、JOJO L-02Kの4機種については発売当初からAndroid 8.0を搭載します。

国内最速788Mbps対応端末は8機種に 4CAもサービス開始

2017年夏の発表会で発表された国内最速788MbpsのPREMIUM 4Gは、冬モデルから新たにXperia XZ1、Galaxy Note8、V30+、JOJOが対応し、計8機種で利用できるようになりました。

また新たに10月末より、4つの周波数帯を組み合わせる「4CA」を開始すると発表。

エリアによって束ねる周波数の組み合わせは異なり、東名阪では1.7GHz帯と2GHz帯と3.5GHz×2の4つ、他のエリアでは2GHz帯、1.5GHz帯、3.5GHz帯×2となったり、2GHz帯、800MHz帯、3.5GHz帯×2となったりと柔軟に組み合わせます。対象エリアは11月末時点で全国480都市になる見通しです。これまで3つの電波を束ねる3CAエリア(下り最大494Mbps)では4CAになることで、256QAMの場合は下り最大644Mbpsで利用できるようになります。

利用できるのは、Xperia XZ1 SO-01K、Xperia XZ1 Compact SO-02K、Galaxy Note8 SC-01K、V30+ L-01K、JOJO L-02K、Xperia XZ Premium SO-04J、AQUOS R SH-03Jです。

dポイントクラブが2018年5月に刷新、15年以上契約なら最上位ステージ

ドコモユーザーでなくても利用できる会員制ポイントプログラム「dポイントプログラム」は2018年5月にリニューアルすることが発表されました。

dポイントプログラムのリニューアルでは、これまで4段階だったステージが、1st、2nd、3rd、4th、プラチナという5段階のステージが用意に。ステージ判定は毎月実施され、ドコモ回線の契約期間か、dポイントの獲得量のどちらかでステージが決まります。ドコモ回線を15年以上契約しているユーザーであれば、最上位ステージのプラチナステージになるしくみです。dポイント還元率はどのステージでも同じで、1000円につき10ポイント。なお、dカード GOLD会員であれば還元率が1000円につき100ポイントになります。

またあわせて発表された新割引プログラム「ずっとドコモ割プラス」は、dポイントクラブのステージにあわせ、料金かdポイントの還元で割引されるもの。2018年5月の段階で、料金割引かポイント還元かを選ぶことができます。なおユーザーからの申告がなければ料金割引が適用されるということです。割引額や還元額はステージや料金プランによって異なり、シェアパックの「ウルトラシェアパック30」では、2ndステージは600円の割引か720ポイントの還元になります。

新サービス「dカーシェア」はレンタカーもカーシェアもマイカーシェアもdアカウント1つで

新サービスとして発表された「dカーシェア」は、企業のカーシェアリングサービスやレンタカーサービス、さらに個人が所有する自動車の貸し借りをマッチングするサービスです。11月8日よりサービスを開始します。

dカーシェアではオリックスカーシェア三井のリパークのカレコなどのカーシェアリングサービス、ニッポンレンタカーやトヨタレンタリース、日産レンタカーなど7社のレンタカーサービス、そして個人のクルマの貸借をdアカウント1つで可能とします。

アプリ上で、近くのあいている車を事業者やサービスを問わず検索することが可能。乗りたい車や出かける距離にあわせて探すことができます。決済はドコモケータイ支払いもしくはクレジットカードで可能。dポイントを貯めて使うこともできます。

注目されるのは個人のクルマを扱う「マイカーシェア」。クルマを所有する人にとっては収入を得て維持費の節約に宛てられる一方、借りる人にとってはレンタカーよりも安い料金、あるいは高額であってもレンタルでは用意されていないような珍しいクルマに乗れるなど、双方にとってメリットがあります。

利用料は貸し手が決める形ですが、ドコモ側が車種などから利用料の目安を示すことで法外な料金設定にならないようにします。コンパクトカーであれば数千円と、レンタカーと同程度の価格になる見込みで、ドコモ側は料金の10%を手数料として得ます。貸し手、借り手はマッチングの際、チャットで受け渡しの場所や時間を調整します。なお個人のクルマを借りる場合、借り手は東京海上日動の1日保険へ必ず加入する仕組み。もし事故が起きた場合、オーナーが普段利用する工場がなければ、東京海上日動が提携する工場を案内するということです。

 

専門ch見放題で780円の「dTVチャンネル」、自宅向けの「ひかりTV for docomo」が登場

2018年1月開始予定の新たな動画配信サービス「dTVチャンネル」月額780円でスマートフォンで専門チャンネルを見放題で楽しめるサービスです。また、自宅向けの映像配信サービス「ひかりTV for docomo」も2018年春より開始。こちらは月額3500円となり、映画などを配信するオンデマンドの「dTV」と「dTVチャンネル」も利用可能となります。

これまでドコモでは映像配信サービスとしてアニメ専門の「dアニメストア」、映画やドラマなどをオンデマンドで楽しめる「dTV」、スポーツに特化した「DAZN for docomo」をラインアップしてきましたが、「dTVチャンネル」では海外の最新ドラマなど、これまでCSなどで提供されてきた専門チャンネルが見放題で楽しめます。そして「ひかりTV for docomo」を契約すれば自宅のテレビでこれらのコンテンツを楽しめます。

dTVチャンネルで視聴できるのは、イマジカBS・映画、ザ・シネマHD、日本映画専門チャンネルHD、映画・チャンネルNECO HD、アニマックスHD、キッズステーションHD、ディズニー・チャンネルHD、ディズニージュニア、FOX HD、スーパー!ドラマTV HD、AXN HD海外ドラマ、AXNミステリーHD、時代劇専門チャンネルHDなど約30チャンネル。スマートフォンで見逃し配信などを楽しめるほか、自宅に別売りのセットトップボックス「ドコモテレビターミナル」(後述)があれば、スマートフォンで見ていた続きをテレビでも楽しめます。月額は780円で、dTVとのセット割も用意され、2コンテンツで月額980円で利用できます。

月額3500円、2年割で2500円という料金の「ひかりTV for docomo」は、自宅のテレビ向け映像配信サービス。利用にあたってはドコモ光など、フレッツ系のネットワーク利用と、後述するセットトップボックス「ドコモテレビターミナル」が必要です。キャリアフリーサービスとしてドコモユーザー以外も利用できるようになる予定です。

dTVとひかりTVを組み合わせたような内容で視聴できる専門チャンネル数は50以上、VODで配信される作品数は約16万本とうたい、様々なコンテンツの視聴ができます。外付けHDDを「ドコモテレビターミナル」につなげば録画もでき、リモートで録画予約することもでき、4K/HDRの再生もサポート。外出先でも地デジ、BSの番組を視聴できます。

現在、NTTぷららのひかりTVを利用している場合、同じNTTグループであっても別会社のサービスとして提供されるため、いったんひかりTVを解約して新たに「ひかりTV for docomo」を契約する形が想定されており、乗り換えキャンペーンは案内されていません。ドコモユーザー向けには、「DAZN for docomo」とのセット割として、月額利用料が200円割引されます。2年契約で「ひかりTV for docomo」(月額2500円)と「DAZN for docomo」(月額980円)を契約すれば通常3480円ですが、3280円で利用できます。

Huawei製の「ドコモテレビターミナル」は、テレビに接続して「ひかりTV for docomo」はもちろん、ドコモの全映像サービスを楽しめるターミナル端末です。USB 2.0端子とUSB 3.0端子を備え、BluetoothやWi-Fiをサポート。HDR 10、HLG、Dolby Visionに対応するほか、DLNAプレーヤーとしても機能し、トリプルチューナー搭載で外部HDDへ録画しながら視聴することもできます。Android TVを内蔵しているため、Google Play StoreやGoogle Castにも対応。付属のリモコンにはマイクがあり、音声による検索もできます。

電話でメモいらず?通話時に自分の話したことを記録する「おはなしメモ」が登場

これまでドコモは、2016年冬に発表した「みえる電話」や2017年夏の「みえる留守電」など、通話をもっと便利にするサービスを提供していましたが、今回新たに通話時の音声のうち、ユーザー自身が話した内容をテキスト化してくれるサービス「おはなしメモ」の提供を発表しました。iOSでは通話内容を録音できないため、Android向けのサービスとなり、まずはトライアルとして無料で提供されます。

両手がふさがっていてもメモ代わりにでき、相手の声を記録できなくても、自分が復唱することで記録。アプリをインストールするだけで、特別な操作なしで利用できます。発表会のデモでも取引先との急な電話でメモが取れない時、電話番号を記録しておくと言った使い方が実演されました。

録音は端末上で行われて、録音データは通話中にアップロード。サーバー上でテキストに変換されます。テキスト化された内容は端末で参照でき、通話後にメールやスケジュール帳など他のアプリで利用できます。

 

先読みして自然な対話で提案する「ドコモAIエージェント」が2018年春に登場

2018年春にサービスを開始すると発表された「ドコモAIエージェント」は、ユーザーの好みを理解して、ユーザのしたいことを先読みして提案するというAIアシスタントサービス。自然な対話ができ、スマートフォンやタブレットで利用できる点も大きな特徴です。

発表会で披露されたこちらの映像をみてみると、「雨が降っているときは自転車ではなく徒歩で移動するので、大雨の予報を受けて30分早くアラームを鳴らす」「水曜日の予定を見ると昼で仕事が終わりなので、先日見ていたドラマの映画版が公開されたので近くの映画館をレコメンド」といったなんとも賢い先読みをしてくれるAIであることがわかります。会話もとても自然な流れで行うことができているというのもポイントです。

サービスの先行商用版を2017年秋から提供。最初の対応サービスは、dヒッツ、dリビング、dグルメ、radikoで、2018年1月以降には、離れた場所からこれらの機能を利用できる「ドコモ シンプルマイク01」も販売されます。

例えばdグルメでは、音声でレシピを聞き、教えてもらいながら料理できたり、radikoでは「ラジオをつけて」と言えばラジオ番組が再生され「次の局にして」などと音声で操作したり、「dリビング」ではタブレットに対して手で操作せず「ママに伝言お願い」と言うだけで、外出中の家族にメッセージを送ったりといった使い方ができます。

今年6月には対応サービスの拡充に向けて、オープンパートナーイニシアティブと銘打った仕組みを発表していて、2018年春の本格サービスに向けて整備が進められています。20を超えるパートナー企業との連携をめざすということです。

おわりに

というわけで長々と、ドコモの2017年冬の発表会についてお伝えしました。

今回は新製品が13機種もラインナップされたことに加え、長年ドコモを使っているユーザーに向けたdポイントクラブのリニューアルや、画期的な新サービス「dカーシェア」、そして「ドコモAIエージェント」の発表など盛り沢山でした。

私が特に気になったのは「dカーシェア」と「ドコモAIエージェント」。普段からカーシェアもレンタカーも利用していますが、dアカウント1つで横断的にそれらを利用できるというのはとても便利です。dポイントが使えるというのもいいですね。

そしてドコモAIエージェントは、映像だけで登場が楽しみになるようなとても賢いAIアシスタントで、来年春の正式登場が楽しみです。

ドコモは25周年を迎えて、携帯電話だけでなく、通信サービスや技術で生活を便利にしていく企業へと変わり始めましたね。豊かな未来へ私たちを導いてほしいものです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい