SoftBank、2017-18年冬春モデルとして「Xperia XZ1」「AQUOS R Compact」を発表 国内メーカーのフラッグシップが揃う

SoftBankは10月17日、2017-2018年冬春モデルの4機種を発表しました。新機種はAndroidスマートフォンの「Xperia XZ1」「AQUOS R Compact」Androidタブレットの「MediaPad M3 Lite s」フィーチャーフォンの「DIGNO ケータイ 2」の4機種で、11月中旬以降、順次発売されます。

本記事では「Xperia XZ1」「AQUOS R Compact」について詳細をお伝えします。

SoftBank 2017-2018冬春モデル

3Dモデリングやスローモーション撮影もできるSonyの旗艦機「Xperia XZ1」

SonyXperia XZ1」は、Xperia XZの派生モデルという位置づけだった「Xperia XZ Premium」や「Xperia XZs」に対し、「Xperia XZ」の後継機とされる「Xシリーズ」のフラッグシップモデルです。

デザインは側面から背面にかけて一体成形した金属筐体。「Xperia XZs」より薄く、丸みを帯びた持ちやすい形状に仕上っています。ソフトバンク版はロゴの配置などがグローバル版と同一で、SoftBankロゴは刻印されないため、他社に比べてシンプルな外観に。おサイフケータイの位置を示すマークには、FeliCaマークではなくNFCロゴが配されています。

ディスプレイは5.2インチフルHD(1920×1080)液晶で、HDR動画の再生に対応。Amazonプライムビデオや、NetflixのHDRコンテンツに対応します。

メインカメラにはソニーが開発し、Xperia XZ Premiumに初めて搭載された積層型CMOSセンサーを搭載する1900万画素のカメラを採用しますが、ソフトウェアが進化。前モデル同様に「先読みオートフォーカス」960fpsのスローモーション撮影を行えますが、先読み撮影は、人物撮影時に被写体の笑顔を検知し、シャッターを切る前からの映像を自動的に保存するように。大きな動きがある被写体だけでなく、笑顔の撮り逃しも防げるようになっています。連写中に、動く被写体へフォーカスを合わせ続ける機能にも対応しました。4K動画の撮影も引き続きサポートしています。

またインカメラは1320万画素のレンズを採用しています。

オーディオ機能は「Xperiaシリーズ最高のスピーカー」を誇り、フロントスピーカーの音量が50%アップさせたといいます。もちろんハイレゾ再生機能や、音質を高める「DSEE HX」などは継承します。

新たに対応するのが、「3Dクリエイター」機能です。人物の顔などをカメラで撮影しながら3Dモデリングするもので、作成したデータは、アバターにしたり、アニメーションをつけてSNSに投稿したりといったことが可能になるといいます。3Dプリンターがあれば、オブジェクトを出力することも可能です。

Xperia XZ1の本体サイズは148 x 73 x 7.4mm、重量は156gです。

チップセットはSnapdragon 835を採用。内蔵メモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GBを搭載。外部ストレージとして最大256GBのmicroSDXCをサポートします。

OSは最新のAndroid 8.0 Oreoを搭載。

​​​バッテリー容量は2700mAhで、充電端子はUSB 3.1 Type-C

生体認証としてXperiaシリーズではお馴染みの「電源ボタンに指紋センサー」を搭載します。

通信はWi-Fi(11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0。au 4G LTEネットワークでは、4×4MIMOや3CC CA、256QAMなどの通信技術をサポートし、下り最大708Mbpsの通信速度で利用可能で、WiMAX 2+、VoLTEもサポートしています。

IPX58/IP6Xの防水・防塵仕様で、そのほかにフルセグ・ワンセグ、おサイフケータイ、NFCなどをサポート。

外部端子はUSB Type-Cで、バッテリー容量は2700mAh。急速充電QC3.0にも対応します。

カラーはブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ヴィーナスピンクの4色展開です。

発売は11月中旬。10月20日に購入予約の受付を開始します。

《Xperia XZ1の記事》

IGZOフリーフォームディスプレイを初搭載「AQUOS R Compact」

AQUOS R compact」は、同社のフラッグシップ「AQUOS R」シリーズのコンパクトモデルに位置づけられるAndroidスマートフォン。開発中の端末であるため、一部スペックのみ公開されました。

日本のAQUOSとしては初めて、IGZOフリーフォームディスプレイを搭載し、3辺狭額縁デザインEDGEST fit」を採用。前面の上辺に沿ってディスプレイを丸めたデザインで、4.7インチスマートフォン相当の大きさで4.9インチへの大画面化を実現しています。

AQUOS Rのコンパクトモデル、というよりは、中国で発表されたAQUOS S2のコンパクトモデルと言えそうです。

ディスプレイは120Hz駆動のハイスピードIGZO液晶を採用する、4.9インチフルHD+(2032×1080)ディスプレイです。YouTubeや自分で撮影した動画にも対応する「バーチャルHDR」や、液晶テレビ「AQUOS」から受け継いだ高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載し、写真や動画をきめ細かく色鮮やかに表示します。

メインカメラは焦点距離約25mmの1,640万画素の広角レンズを採用。「位相差AF」と「コントラストAF」を組み合わせた「ハイブリッドAF」を採用、狙った被写体を逃すことなく瞬時に思い通りの撮影ができます。

インカメラはディスプレイ上部の切り欠き部分にあり、約23mm相当(35mmフィルム換算)の広角レンズを搭載しています。

チップセットはQualcommのSnapdragon 660内蔵メモリ(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GB。CPUスペックは、AQUOS Rよりは下位となっています。

OSは最新のAndroid 8.0 Oreoを採用。SHARPの話しかける人工知能「エモパー 7.0」を搭載し、別売りの振り向く充電台「ロボクル」にも対応します。

本体サイズは約66×132×9.6mm、重量は約140g。

バッテリーは2500mAhで、IP68の防水防塵にも対応。Wi-Fiは 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0、NFC、おサイフケータイ、指紋認証、ワンセグをサポートします。

カラーはムーンホワイト、トルマリンブラック、ダイヤモンドイエロー、アメジストパープルの4色展開です。

発売は12月中旬以降で、予約開始の時期は未定です。

《AQUOS R Compactの記事》

また夏モデルとして発売していた「AQUOS R」の新色を11月中旬以降に発売することも発表されました。

追加される新色は「オパールブルー」「オーロラピンク」「カッパーブラック」の3色。2017年夏モデルとして発売された現行カラーの「マーキュリーブラック」「ジルコニアホワイト」「ブレイズオレンジ」に加えて、全6色の展開となります。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい