SHARP、新・3辺ベゼルレススマホ「AQUOS R Compact」を発表 旗艦機「AQUOS R」のコンパクトモデル

シャープは、2017年の冬モデルとして販売するスマートフォンとして、新しい3辺狭額縁デザインを採用した「AQUOS R compact」と、スタンダードラインの「AQUOS Sense」を正式発表しました。

SHARP AQUOS R CompactAQUOS Sense

IGZOフリーフォームディスプレイを初搭載「AQUOS R Compact」

AQUOS R compact」は、同社のフラッグシップ「AQUOS R」シリーズのコンパクトモデルに位置づけられるAndroidスマートフォン。開発中の端末であるため、一部スペックのみ公開されました。

日本のAQUOSとしては初めて、IGZOフリーフォームディスプレイを搭載し、3辺狭額縁デザインEDGEST fit」を採用。前面の上辺に沿ってディスプレイを丸めたデザインで、4.7インチスマートフォン相当の大きさで4.9インチへの大画面化を実現しています。

AQUOS Rのコンパクトモデル、というよりは、中国で発表されたAQUOS S2のコンパクトモデルと言えそうです。

ディスプレイは120Hz駆動のハイスピードIGZO液晶を採用する、4.9インチフルHD+(2032×1080)ディスプレイです。YouTubeや自分で撮影した動画にも対応する「バーチャルHDR」や、液晶テレビ「AQUOS」から受け継いだ高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載し、写真や動画をきめ細かく色鮮やかに表示します。

メインカメラは焦点距離約25mmの1,640万画素の広角レンズを採用。「位相差AF」と「コントラストAF」を組み合わせた「ハイブリッドAF」を採用、狙った被写体を逃すことなく瞬時に思い通りの撮影ができます。

インカメラはディスプレイ上部の切り欠き部分にあり、約23mm相当(35mmフィルム換算)の広角レンズを搭載しています。

チップセットはQualcommのSnapdragon 660内蔵メモリ(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GB。CPUスペックは、AQUOS Rよりは下位となっています。

OSは最新のAndroid 8.0 Oreoを採用。SHARPの話しかける人工知能「エモパー 7.0」を搭載し、別売りの振り向く充電台「ロボクル」にも対応します。

カラバリはムーンホワイト、トルマリンブラックの2色展開です。

2017年冬モデルとして、ドコモなどから登場すると見込まれています。発売時期や価格は未定です。

SHARPの新スタンダードシリーズ第1弾「AQUOS Sense」

AQUOS sense(SHV40)は、価格を抑えた端末でありながら、5インチでフルHDのIGZOディスプレイを採用するなど充実の機能を搭載するミドルレンジモデル。色鮮やかな表示が可能な「リッチカラーテクノロジーモバイル」や、YouTubeやユーザーが撮影した動画にも対応する「バーチャルHDR」など、色表現にもこだわっているのが特徴になっている。

ディスプレイは5インチ・フルHD(1920×1080ドット)のIGZO液晶ディスプレイ。色鮮やかな表示が可能な「リッチカラーテクノロジーモバイル」や、YouTubeや自分で撮影した動画にも対応する「バーチャルHDR」など、色表現にもこだわっているのが特徴です。

IPX5/8の防水、IP6Xの防塵性能を持ち、お風呂でも安心して操作できます。ディスプレイも水に濡れていても操作しやすいようになっています。

また指紋センサーは前面下部に搭載。ホームキーとしての機能も備えます。

日本語フォントには読み取りやすい「モリサワ新ゴフォント」が採用されているほか、生活パターンを学習し、就寝時間が近づくとブルーライトを抑えた画質に切り替える「リラックスビュー」を搭載。さらにシャープ独自のチューニングにより多くのアプリをインストールしてもサクサクとした操作感が失われないといった工夫も。話しかける人工知能「エモパー」を搭載し、別売りの振り向く充電台「ロボクル」にも対応します。

メインカメラは1310万画素、インカメラは約500万画素

SoCはQualcommのSnapdragon 430内蔵メモリ(RAM)は3GB、ストレージは32GBで、最大256GBまでのmicroSDXCカードを利用できます。OSはAndroid 7.1です。

バッテリー容量は2700mAh、外部接続端子はUSB type-C。通信速度は下り最大150Mbpsに対応し、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.2をサポート。そのほか、おサイフケータイ、NFCに対応します。

本体サイズは約72×144×8.6mm、重さは約148g。

ボディカラーはオパールグリーン、シルキーホワイト、ミスティピンク、ベルベットブラックの4色展開です。

こちらはすでにauで冬モデルとしての販売が発表されており、端末の価格は3万2400円(税込)、発売は11月上旬の予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい