東海道・山陽新幹線のEX予約が「Apple PayのSuica」に対応へ iPhoneでもカード・切符いらずに 10月23日から

JR東海とJR東日本は、東海道新幹線・山陽新幹線のネット予約&IC乗車サービス「エクスプレス予約(EX予約)」で、「Apple PayのSuica」が10月23日より利用可能になると発表しました。利用には、10月23日午前4時に配信予定のSuicaアプリのアップデートが必要です。

EX予約ニュースリリース

Apple PayのSuicaが10月23日から対応する「エクスプレス予約(EX予約)」は、東海道新幹線・山陽新幹線のきっぷをネット予約でき、割引価格で利用できるサービスです(年会費1,080円)。

これまで、Android端末では対応していましたがApple Payには対応していませんでした

Apple PayのSuicaで「エクスプレス予約」を利用するには、10月23日の朝4時に配信される「Suicaアプリ」のアップデートを適用後に「チケット購入・Suica」メニュー内に表示される「エクスプレス予約(JR東海)」から利用登録の手続きが必要です。

EX予約を利用すると、東京・品川〜新大阪の「のぞみ」運賃が、通常期の所定運賃が14,450円が13,370円となり、1,080円割引で乗車できます。年会費は1,080円なので1回の乗車で元が取れる計算です。

また、ネットから簡単に座席指定予約ができ、発売開始日(乗車日1カ月前)の7日前の朝5:30から予約の事前申込が可能なので、混雑する時期の切符が買いやすいというメリットがあります。

なお、すでにビューカードをSuicaアプリに登録している場合、「ビュー・エクスプレス特約」(1,080円/年)に申し込めます。

またAndroid端末・フィーチャーフォンのモバイルSuicaから、「Apple PayのSuica」に変更する場合はSuicaアプリケーションからエクスプレス予約サイトにログインして、機種変更操作が必要です。

乗車日当日に登録・機種変更操作を行った場合、当日の予約について「Apple PayのSuica」では乗車できないので、別途きっぷの受け取りが必要。乗車の際は、「エクスプレス予約の決済用クレジットカード」または「エクスプレス予約会員証」を持っている必要があります。

なお「Apple PayのSuica」では、削除(サーバ退避)や移動(iPhone/Apple Watch間)、再発行等の手続きを行うと、Suica ID番号が変わるので注意が必要です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい