au、2017年秋冬スマホを発表 「Galaxy Note 8」「Xperia XZ1」「AQUOS sense」の3モデル

au KDDIは、今秋に発売するAndroidスマートフォンとしてSamusng「Galaxy Note8(SCV37)」Sony mobile「Xperia XZ1(SOV36)」SHARP「AQUOS sense(SHV40)」の3モデルを発表しました。

Galaxy Note8が10月26日発売、Xperia XZ1は11月中旬、AQUOS senseは11月上旬の発売予定となっています。

au

デュアルカメラ搭載・Sペン対応の最強の一台「Galaxy Note8」

Galaxy Note8(SCV37)は、韓国Samsung Electronicsが8月末に発表した同社のフラッグシップ「Galaxy Note」シリーズの最新モデル。Noteシリーズは、専用のスタイラスペン「Sペン」による操作に対応していることが大きな特徴のAndroidスマートフォンです。Galaxy S8に初めて搭載された超ベゼルレスの「Infinitely Display」を新たに搭載し、同社初となるデュアルカメラを採用。スマホ界を引っ張る存在になりうる最強の一台です。

ディスプレイは6.3インチ(2960×1440ドット)・HDR対応の有機ELで、上下の額縁も狭くした「Infinity Display」。18.5:9の画面比率で、S8同様に感圧式のホームボタンはディスプレイの内側に配置されています。

高性能スタイラスペン「Sペン」は本体内部に収納でき、4096段階もの筆圧検知に対応。スキャンレートが360Hzに向上したほか、ペン先の太さも0.7mmとなり、より繊細な表現が可能となりました。手書きのメモやスタンプの作成、翻訳など、Sペンによるさまざまな操作が可能。書き味が異なるペン先も試供品としてパッケージに同梱されます。

端末本体とS-PenともにIP68準拠の防水・防塵に対応し、濡れた状態でもペン操作ができます。

そしてS-Penを使った手書きのメッセージをGIFアニメーションとして保存し、共有できる「ライブメッセージ機能」が追加され、そのほかにも、スリープ中でもS-Penを取り出せばAlways On Display状態の画面上に素早く手書きのメモを残せるスクリーンオフメモ」も100ページまで対応。残したメモは、ピンのアイコンを選択すればToDoリストのような形でAlways On Displayに貼りつけておけるほか、Noteアプリからも開けます。

背面のメインカメラは同社初のデュアルカメラ構成で、暗い所でも明るく素早く撮れるローライト機能を備えた広角レンズを採用する1200万画素のデュアルピクセルカメラ(F1.7)光学2倍ズームの望遠レンズ(F2.4)を備えています。望遠と広角でそれぞれ1220万画素という構成。どちらのレンズにも光学手ブレ補正機能を搭載しているので、ズームインしてもブレずに撮影が可能。

さらに撮影中と撮影後にも自在にボケ味を調節できる「ライブフォーカス機能」も新たに搭載。シャッターボタンを押す前にフォーカスをかけることができ、いつでも背景のぼかしレベルを調整することができます。また、ライブフォーカス写真を撮りながらも、デュアルキャプチャーでフレームの外側での出来事も写真に収めておくことができます。これにより、見逃していたかもしれない瞬間も楽しむことができるようになります。

インカメラは800万画素、F1.7のこちらも明るいレンズを採用しています。

セキュリティ機能として虹彩認証、顔認証、指紋認証の3つをサポート。高度なセキュリティ技術を備えたKnoxシステムが、生体データを保護してくれるので安心です。

Galaxy Note8の本体サイズは162.5 x 74.8 x 8.6mmで、重量は195g。

OSがAndroid 7.1.1 (Nougat)。CPUはSnapdragon 835を搭載し、内蔵メモリ(RAM)は6GBストレージは64GB。外部ストレージとして最大256GBのmicroSDカードに対応しています。

au網で4×4 MIMOと256QAMを組み合わせる3CC CAネットワークに対応し、通信速度は下り最大708Mbps。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0に対応。その他フルセグ、ワンセグ、緊急速報メール、おサイフケータイ、NFC、防水・防塵をサポートします。

バッテリー容量は3300mAhで、外部接続端子はType-C。前述の通りワイヤレス給電にも対応しています。3.5mmイヤホンジャックも装備しています。

製品パッケージにはAKGブランドのハイレゾ対応イヤホンクリアケース、SペンとSペンペン先キットが同梱されます。

ボディカラーはミッドナイトブラックメープルゴールドの2色展開です。

端末の価格は11万8800円(税込)。毎月割の総額は5万9400円(2475円×24回)で、毎月割を利用した際の実質負担額は5万9400円となります。発売は10月26日です。

《Galaxy Note8の記事》

3Dモデリングやスローモーション撮影もできるSonyの旗艦機「Xperia XZ1」

SonyXperia XZ1(SOV36)は、Xperia XZの派生モデルという位置づけだった「Xperia XZ Premium」や「Xperia XZs」に対し、「Xperia XZ」の後継機とされる「Xシリーズ」のフラッグシップモデルです。

デザインは側面から背面にかけて一体成形した金属筐体。「Xperia XZs」より薄く、丸みを帯びた持ちやすい形状に仕上っています。auロゴは背面下部に刻印されます。

ディスプレイは5.2インチフルHD(1920×1080)液晶で、HDR動画の再生に対応。Amazonプライムビデオや、NetflixのHDRコンテンツに対応します。

メインカメラにはソニーが開発し、Xperia XZ Premiumに初めて搭載された積層型CMOSセンサーを搭載する1900万画素のカメラを採用しますが、ソフトウェアが進化。前モデル同様に「先読みオートフォーカス」960fpsのスローモーション撮影を行えますが、先読み撮影は、人物撮影時に被写体の笑顔を検知し、シャッターを切る前からの映像を自動的に保存するように。大きな動きがある被写体だけでなく、笑顔の撮り逃しも防げるようになっています。連写中に、動く被写体へフォーカスを合わせ続ける機能にも対応しました。4K動画の撮影も引き続きサポートしています。

またインカメラは1320万画素のレンズを採用しています。

オーディオ機能は「Xperiaシリーズ最高のスピーカー」を誇り、フロントスピーカーの音量が50%アップさせたといいます。もちろんハイレゾ再生機能や、音質を高める「DSEE HX」などは継承します。

新たに対応するのが、「3Dクリエイター」機能です。人物の顔などをカメラで撮影しながら3Dモデリングするもので、作成したデータは、アバターにしたり、アニメーションをつけてSNSに投稿したりといったことが可能になるといいます。3Dプリンターがあれば、オブジェクトを出力することも可能です。

Xperia XZ1の本体サイズは148 x 73 x 7.4mm、重量は156gです。

チップセットはSnapdragon 835を採用。内蔵メモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GBを搭載。外部ストレージとして最大256GBのmicroSDXCをサポートします。

OSは最新のAndroid 8.0 Oreoを搭載。

​​​バッテリー容量は2700mAhで、充電端子はUSB 3.1 Type-C

生体認証としてXperiaシリーズではお馴染みの「電源ボタンに指紋センサー」を搭載します。

通信はWi-Fi(11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0。au 4G LTEネットワークでは、4×4MIMOや3CC CA、256QAMなどの通信技術をサポートし、下り最大708Mbpsの通信速度で利用可能で、WiMAX 2+、VoLTEもサポートしています。

IPX58/IP6Xの防水・防塵仕様で、そのほかにフルセグ・ワンセグ、おサイフケータイ、NFCなどをサポート。

外部端子はUSB Type-Cで、バッテリー容量は2700mAh。急速充電QC3.0にも対応します。

カラーはブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ヴィーナスピンクの4色展開です。

価格は9万720円(税込)。毎月割の総額は4万5360円(1890円×24回)で、毎月割を差し引いた実質負担額は4万5360円となります。発売は11月中旬の予定です。

《Xperia XZ1の記事》

一括3万円台の”長く使える新スタンダード” 「AQUOS Sense」

SHARPAQUOS sense(SHV40)は、価格を抑えた端末でありながら、5インチでフルHDのIGZOディスプレイを採用するなど充実の機能を搭載するミドルレンジモデル。色鮮やかな表示が可能な「リッチカラーテクノロジーモバイル」や、YouTubeやユーザーが撮影した動画にも対応する「バーチャルHDR」など、色表現にもこだわっているのが特徴になっている。

ディスプレイは5インチ・フルHD(1920×1080ドット)のIGZO液晶ディスプレイ。色鮮やかな表示が可能な「リッチカラーテクノロジーモバイル」や、YouTubeや自分で撮影した動画にも対応する「バーチャルHDR」など、色表現にもこだわっているのが特徴です。

IPX5/8の防水、IP6Xの防塵性能を持ち、お風呂でも安心して操作できます。ディスプレイも水に濡れていても操作しやすいようになっています。

また指紋センサーは前面下部に搭載。ホームキーとしての機能も備えます。

日本語フォントには読み取りやすい「モリサワ新ゴフォント」が採用されているほか、生活パターンを学習し、就寝時間が近づくとブルーライトを抑えた画質に切り替える「リラックスビュー」を搭載。さらにシャープ独自のチューニングにより多くのアプリをインストールしてもサクサクとした操作感が失われないといった工夫も。話しかける人工知能「エモパー」を搭載し、別売りの振り向く充電台「ロボクル」にも対応します。

メインカメラは1310万画素、インカメラは約500万画素

SoCはQualcommのSnapdragon 430内蔵メモリ(RAM)は3GB、ストレージは32GBで、最大256GBまでのmicroSDXCカードを利用できます。OSはAndroid 7.1です。

バッテリー容量は2700mAh、外部接続端子はUSB type-C。通信速度は下り最大150Mbpsに対応し、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.2をサポート。そのほか、おサイフケータイ、NFCに対応します。

本体サイズは約72×144×8.6mm、重さは約148g。

ボディカラーはオパールグリーン、シルキーホワイト、ミスティピンク、ベルベットブラックの4色展開です。

端末の価格は3万2400円(税込)で、毎月割の総額は1万6200円(675円×24回)、毎月割を利用した際の実質負担額は1万6200円となります。発売は11月上旬の予定です。

《AQUOS Senseの記事》

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい