「Windows 10 mobileの新機能はもう開発しない。今後はサポートだけに」 Microsoft幹部が認める

MicrosoftでWindows 10 Mobileの開発を主導してきた同社コーポレート担当副社長のJoe Belfiore氏が「もはやWindows 10 Mobileには焦点が当たっていない」「バグ修正やセキュリティアップデートなどのサポートは続けるが、新機能や新端末の開発には注力しない」と認めました。Windows 10 Mobileは、第3のモバイルOSとしてAndroid・iOSに対抗することを諦め、ついに終りを迎えることになりそうです。

Joe Belfiore氏は10月8日、自身の公式Twitterアカウントで「Windows 10 Mobile」の終了を予告。5日にリリースしたiOS/Android版「Edge」についてのフォロワーとの会話の中で、「もちろん、バグ修正やセキュリティアップデートなどのサポートは続けるが、新機能や新端末の開発には注力しない」とツイートしました。

MicrosoftはもはやWindows 10 Mobileの新機能や新端末開発にはフォーカスを当てておらず、AndroidやiOSへのMicrosoftアプリに注力していく方針であることを明らかに。自身の端末もWindows 10 MobileからAndroidへ移行したといいます。

同氏は他にも「アプリ開発者への動機付けにかなり尽力した。資金を投入し、開発者のためにアプリを開発した。しかし多くの開発者にとって、Windows 10 mobileに投資するにはユーザー数が少なすぎた」とツイートしていて、Android・iOSに水をあけられたアプリ数を埋めることができなかったことが敗因だとしています。

Microsoft創業者のビル・ゲイツ氏がWindows 10 MobileスマートフォンからAndroid端末に乗り換えたことを明らかにしていましたが、Belfiore氏のツイートから「Windows 10 Mobileは開発が終了した」と考えてよさそう。

今月リリースしたiOS・Android向けの「Edge」アプリ

Microsoftは1年以上前にスマートフォン端末事業を実質的に終了し、Nokia買収で得た数千人の従業員を解雇。iOSとAndroid向けのMicrosoftアプリに力を入れ、「Microsoft Edge」や「Outlook」などのAndroid・iOS向けアプリをリリースするなど、MicrosoftはモバイルOSの二強に対してアプリを提供していく方針に切り替えたようです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい