Google、AI搭載のスマートカメラ「Google Clips」を発表 AIで判断したベストショットを自動撮影、自動フォーカス #madebygoogle

Googleは10月4日(現地時間)、秋の発表イベントを開催し、AI搭載の小型ハンズフリーカメラ「Google Clips」を発表しました。

価格は249ドルで、米国など(日本での発売予定は不明)で「間もなく」発売されます。

madebygoogle

【Oct 4th Google発表会関連記事】

事前のリークで「Clips」という名前だけが登場し、誰もが何のことかわからなかった「Google Clips」は、AIを搭載したまさにニュータイプのカメラです。

何を写すかは基本的にClips側が決めます。よく、カメラやスマートフォンを取り出す前に何かが起きてしまうなんてことがありますが、Clipsはそういうときにユーザーに代わって価値ある瞬間の記録を残すことを手助けするといいます。

基本的な動作としては、電源をオンにして撮影したい場所に向けておくと、Clipsが自動的に被写体や動きを認識良い動きや表情のシーン、そして決定的瞬間などを判別して静止画やショート動画を内蔵ストレージに記録する、というものです。

ターゲットは子どもやペットのいる家庭家族やペットの顔をAIで学習し、なるべく他人ではなく家族の写真を撮ろうとします。同じ人物(や動物)を何度も撮影しているとその対象を認識し、画角に対象が入ると自動フォーカスするようになります。

本体は5cm×5cmのアクションカムほどの小ささで、背面には名前の通り”クリップ”がついていて、バーや洋服などに固定可能。スタンドにもなります。様々な場所に自由に設置できます。

Google公式ブログの使用例では「子供たちが遊んでいるときにコーヒーテーブルの下にカメラを置く」「椅子にクリップして、好きなおもちゃで遊んでいる猫のショットを撮る」といったパターンがあげられています。

視野角は130度と広く、バッテリー駆動で連続撮影3時間まで可能です。毎秒15フレームで撮影しますが、自動的に対象に焦点が合ってブレの少ない鮮明なショットを選択してくれます。

CLIPSで撮れるのは7秒間、毎秒最大15コマのミニ動画で、どんなものが撮れたかはスマートフォンと接続して確認します。画素数は1200万画素相当。撮れた動画は適当に前後をトリミングしたり、静止画を切り出したりできます。保存はJPEGやGIF、動画ファイル、Motion Photosの形式で可能です。

もちろん、自分でシャッターを押したいときは、本体上部のシャッターボタンを押せば撮影できます。

16GBのストレージを内蔵しますが、連携するAndroid端末あるいはiOS端末にインストールしたGoogle Clipsアプリに撮影した「クリップ」をWi-Fi DirectあるいはBluetoothで自動的に転送。気に入ったものは「Google Photo」アプリに移動できます。長期間撮りためるというよりは、日々チェックして要らないものは削除する感じです。

しかし気になるのはプライバシー。Googleはちゃんと対策として、撮影した動画はあくまでCLIPS本体のみに保存され、勝手にクラウドに入らないようにしています。Google Photoにアップロードするのは、あくまでClipsのアプリで確認して、ユーザー自らが行うのです。

また撮影中は前面のLEDが点滅し、撮っていることをアピール。音声をあえて保存しないのも、プライバシーに配慮した結果のようです。

CLIPSはスマートフォンとの連携が前提となりますが、対応しているのはAndroidではPixelシリーズとSamsungのGalaxy S7・S8、iOSではiOS 10以降をインストールしたiPhone 6以降となります。

USB-Cポート、Wi-Fi Direct、Bluetooth LEで外部と接続可能。毎秒15フレームで撮影するが、自動的に対象に焦点が合ってブレの少ない鮮明なショットを選択する。

価格は249ドルで、米国など(日本での発売予定は不明)で“間もなく”発売されます。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい