叡山電鉄、来春デビューの新観光列車は「ひえい」に 大きな”楕円ループ”の先頭形状でダイナミックな車両デザイン

京阪グループの叡山電鉄は9月29日、2018年春にデビューする予定の新しい観光車両の愛称を「ひえい」に決めたと発表しました。

叡山電車プレスリリース

叡山電鉄は出町柳~八瀬比叡山口間叡山本線と、宝ヶ池~鞍馬間鞍馬線を運営する京阪グループの鉄道で、比叡山や鞍馬山・貴船への観光輸送を担っています。

京阪グループは現在、京都中心部から八瀬・比叡山を経由し、坂本・琵琶湖に至る観光ルートを「山と水と光の廻廊(比叡山・びわ湖)」として活性化に取り組んでおり、その一環として今年3月、新しい観光列車の導入を発表していました。

叡山本線は比叡山延暦寺への参詣ルートとして開業し、叡山ケーブル・ロープウェイとともに比叡山への京都側からのルートとして利用されてきました。

新観光列車の愛称は「比叡山・琵琶湖観光ルートへの道しるべとなるようにとの思い」を込める一方、「わかりやすさと親しみやすさ」を持たせるため「比叡」を平仮名表記にした「ひえい(HIEI)」としたといいます。

愛称と同時に発表されたロゴマークは「大地から放出される気のパワーと灯火を抽象化」したもの。「Spiritual Energy(スピリチュアル・エナジー)」を表現しているといいます。

「ひえい」は700系電車1両の改造により導入。新たな観光用車両「ひえい」は叡山本線出町柳~八瀬比叡山口間での運行を予定しています。

叡山電車の2つの終着点にある比叡山・鞍馬山が持つ神秘的な雰囲気や時空を超えたダイナミズムといったイメージを楕円のモチーフで大胆に表現した車両デザインが特徴。車体側面の窓も楕円形となり、比叡山の山霧をイメージしたというストライプを配しました。

運行開始は2018年の春を予定。

10月下旬には、叡山電鉄サイト内に「ひえい」に関する情報や沿線の観光情報を紹介する特設サイトも公開される予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい