Motorola、デュアルカメラ搭載のミドルレンジスマホ「Moto G5s Plus」を国内発表、3万8800円で10月6日発売へ

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Moto G5s Plus」を10月6日に日本国内で発売すると発表しました。

予約はすでに開始しており、家電量販店などで販売されるほか、MVNOからも発売される予定で、価格は3万8800円(税抜)です。

モトローラ・モビリティ・ジャパン

Moto G5s Plus」は、今年3月に発売した「Moto G5 Plus」のカメラを、デュアルカメラに強化したミドルレンジスマートフォンです。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)や、振るだけで機能を利用できるMotoアクション指紋センサーなど、「Moto G5 Plus」の特徴的な機能を継承。OSはAndroid 7.1.1で、Android 8.0 Oreoへのバージョンアップが保証されています。

外観デザインのイメージはほとんど同じですが、背面にあるモトローラのロゴマーク部分が「Nexus 6」のように少し凹んだ形状になっているのが特徴的です。

ディスプレイは5.2インチから5.5インチと大きくなり、解像度1920×1080ドットのIPS液晶。表面ガラスはCorningのGorilla Glassです。

メインカメラは、1300万画素のカメラを2つ搭載するデュアルカメラ構成。一方はカラー、もう一方はモノクロセンサー搭載のレンズで、デュアル相関色温度LEDフラッシュも採用。動画は4K 30fpsで撮影できます。デュアルカメラにより、深度調整を有効にしたモードで写真を撮影すると、撮影後にボケ量の調整や、ピントを合わせるフォーカス位置を変更できます。また、タッチして選んだ被写体以外(背景など)をモノクロにしたり、タッチした被写体を自動的に切り抜いて、ほかの写真に合成したりできる「背景の置き換え」機能も、標準で搭載されているなど、かなり力を入れています。

インカメラも強化され、有効画素数は前モデルの500万画素から800万画素に。セルフィー向けとしてビューティーモードが用意されたほか、左右に端末の角度を変えて撮影する「パノラマ・セルフィー」で、ワイドアングルのセルフィーが可能に。露出やホワイトバランスをマニュアルで調整できるプロフェッショナルモードは、インカメラの撮影時にも利用できるようになっています。

また、インカメラ用のフラッシュが搭載され、撮影時に一瞬発光するモードのほか、点灯し続ける「トーチ」モードも用意されていて、複数回撮影するパノラマ・セルフィーや動画撮影でも、顔を明るく写すことが可能になります。

チップセットはQualcommSnapdragon 625(2.0GHz駆動のオクタコア)。内蔵メモリ(RAM)は4GB、内蔵ストレージは32GB。外部ストレージとして最大128GBまでのmicroSDXCカードを利用できます(2枚目のSIMカードとの排他利用)。

通信方式と対応バンドは、LTEがバンド1/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41、3Gがバンド1/2/5/8/19(6)、2Gが850/900/1800/1900MHz。SIMカードスロットはnanoSIM×2で、LTE+3Gの同時待受が可能。またau VoLTEがサポートされたことで、モトローラのSIMフリーのスマートフォンとして初めて、国内の大手3キャリアすべてのネットワークに対応したといいます。

その他、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n(2.4/5GHz)、Bluetooth 4.2 LE+EDRに対応し、生体認証として前面に指紋センサーを搭載。

バッテリー容量は3000mAhで、15分の充電で最大6時間使用できる急速充電が可能です。外部端子はmicroUSB。イヤホンジャックも装備しています。

本体の大きさは約153.5×76.2×8.04mm、重さは約170g。

ボディカラーはルナグレー、ブラッシュゴールド、ニンバスブルーの3色展開です。なお、ルナグレーは10月6日発売だが、他2色に関しては順次発売。価格は3万8800円(税抜)です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい