Android Payに「Tカード」がついに対応 アプリでモバイルTカードのバーコードを表示 コンビニ大手のポイントカードにすべて対応

Tポイント・ジャパンは、Androidスマートフォン向けのデジタルウォレットサービス「Android Pay」向けに、モバイルTカードが対応すると発表しました。スマートフォンの画面にバーコードを表示し、店頭で読み取ってもらうことで利用可能です。

Tカード:Android Pay

「Android Pay」は、Googleが提供している、各種決済サービスやポイントサービスを1つのアプリからまとめて利用できるデジタルウォレットです。日本向けには、おサイフケータイの楽天Edynanaco、dポイントカードをサポートしています。

Android Payについての詳細、初期設定などについては過去記事をご覧ください。

今回、モバイルTポイントカードAndroid Payに対応しました。従来のT-POINTアプリに加えて、Android Payアプリからも、モバイルTポイントカード(バーコード)を設定することができるように。

利用するには、Tポイント/Tカードのスマートフォン向けサイトに、Tカード番号が登録されているYahoo! JAPAN IDでログインすればOK。追加するTカード番号を確認して、「Android Payに追加する」をクリックすればブラウザにログイン済みのGoogle IDが紐付けられます。

手続き後、Android Payアプリを起動すると、画面内にモバイルTカードが表示されるようになるしくみです。

店頭でバーコードを提示すれば、Tポイントを貯めて、使うことができます。

利用可能な店舗は、ファミリーマート、ウエルシア、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、カメラのキタムラ、TSUTAYAなどです。

今回のTポイントカードへの対応で、セブン-イレブンのnanaco、ローソンのdポイント(Pontaはまだ非対応)、ファミリーマートのTポイントと、コンビニ大手3社のポイントサービスにすべて対応したことになります。

Android Payに「dポイントカード」が対応 アプリでモバイルdカードを表示、おサイフケータイにも対応

コンビニで使えるおサイフケータイの楽天EdyもAndroid Payアプリで利用できるので、ポイントサービスと決済を1つのアプリだけで行うことができます。

私もdポイントカードのポイントサービスをAndroid Payアプリで使っていますが、アプリ起動速度が従来アプリ(T-POINTアプリやdポイントクラブアプリなど)に比べて早く、バーコード表示までの速度が速いため大変便利です。

みなさんもぜひ、Android Payでお財布を軽くしてみませんか?

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい