Amazon、スマートスピーカー「Echo」シリーズ第2世代の5端末を発表 独自のAI「Alexa」の音声アシスタントを搭載

米Amazonは9月27日(現地時間)、音声アシスタント「Alexa」搭載スピーカー「Amazon Echo」の第二世代モデルを含む5つの新しいEcho端末を発表しました。いずれの製品も、日本での販売は未定です。

Amazon.com

新「Echo」は性能アップ・コンパクト化で80ドル安く

新「Echo」は、2014年11月発表の初代モデル(179.99ドル)よりコンパクトになり、価格も99.99ドルと80ドル安くなりました。3台まとめて購入すれば、50ドルの割引が適用されます。

メタリック以外の布や木目調のテクスチャも登場し、テクスチャは計6種類。部屋のインテリアに合わせて異なるテクスチャを選ぶことができます。

スピーカーとしてのの設計を刷新して音質が向上したほか、ノイズリダクションの改善などで全体的に性能を強化。

もちろんAmazonの音声アシスタント「Alexa」を搭載。話しかけて音楽を再生したり、天気やスポーツの結果を聞いたりできるのはもちろん、ニュース・Kindle書籍の読み上げや、スマートホームプロダクトと連携して電気のON/OFFやエアコンの調整も可能。さらにはAmazonの注文履歴から再注文を頼んだり、ピザを頼んだり、Uberを呼んだりすることも可能。とにかく「スマホ」の操作に限らない、というのが「Amazon Alexa」の特徴です。

また今回のモデルでは、要望が多かったという「マルチルームオーディオ機能」が追加。これは複数の部屋に置いたEcho端末で同時に音楽を流せるというもので、米Appleの「HomePod」(349ドル)のウリの機能の1つでもあります。

さらに、Alexaを使って無料で通話することもできるように。後述の「Echo Connect」を接続すれば、電話回線経由のハンズフリー通話も可能です。

価格は前述のとおり99.99ドル。27日から予約を開始し、10月に出荷開始の予定です。

「Echo Plus」は初代と同じ見た目でスマートホーム機能強化

「Echo Plus」は外見は初代Echoと同じですが中身が大きく進化したスマートスピーカー。進化したのは、Echo Plus自体がスマートホームデバイスをつなぐハブになるという点と、Dolbyサウンドをサポートするようになった点です。

価格は初代Echoより30ドル安い149.99ドル。

「Echo Plus」には多くのスマートホームデバイスで使われる無線通信プロトコル「ZigBee」を内蔵しているため、Echo Plusがスマートホームデバイス同士のハブの役割を果たします。ZigBeeを搭載しているスマートホームデバイスにつなぐときには初期設定も不要で、デバイスを探すよう声をかければAlexaが設定を開始してくれます。Alexaで100以上のスマートホーム製品を設定できます。

また、360°に対応したスピーカーは新たにDolbyサウンドをサポートするようになり、前モデルより一層臨場感のあるサウンドが楽しめるように。

そのほかの新機能は新「Echo」と同様で、マルチルームオーディオ機能や通話機能が搭載。もちろんAmazon Alexaの音声アシスタントを利用できます。

そして購入時にはPhilips製のスマート電球が付属。さっそくスマートホーム体験をすることができます。

価格は初代Echoより30ドル安い149.99ドル。すでに予約を開始しており、10月31日発売の予定です。

ディスプレイ搭載の「Echo Spot」は時計としても使えるEcho端末

「Echo Spot」は、円形の2.5インチディスプレイ搭載の、球をスライスしたような形のEcho端末。サイズは手のひらサイズで、ベッドサイドに置いてスマート目覚まし時計として使うことを想定した設計です。

搭載されているAmazon Alexaの音声アシスタントで部屋の照明をつけたり、天気や交通情報を確認したりできます。

内蔵オーディオに関しては貧弱ですが、オーディオ出力とBluetoothを備えているので、外部スピーカーに繋ぐことができ、音楽を聞いたり動画を見たり、通話したりすることも可能です。

キッチンに置けばタイマーとしても使えたり、前面のカメラで動画チャットをしたりといった使い方もできます。

価格は129.99ドルで発売は12月の予定だ。

「Echo Connect」でEcho端末を電話に変える

「Echo Connect」は、家の電話回線とEcho端末を接続し、Echoをスピーカーフォンとして使えるようにするアダプタのようなEcho端末。Alexaでの通話と異なり、通話相手には自宅の電話番号が表示されます。

911(緊急通報)も可能で、電話がしたくても手が離せない状況では大いにその力を発揮するかもしれません。

価格は34.99ドルで年内発売の予定です。

Amazonは27日、911(緊急通報番号)を含む通話発信が可能な「Echo Connect」という製品も発表した。価格は34.99ドルで第4四半期に発売される。また、「Echo Button」も発表した。Bluetoothで接続されるマルチカラーのブザーで、ゲーム用にAlexaに接続することができる。価格は2個セットで19.99ドル。

「Echo Buttons」──Alexaゲーム用早押しボタン

「Echo Buttons」は、Alexa搭載端末にBluetoothで接続されるマルチカラーのブザーで、ゲーム用にAlexaに接続することができます。競技クイズの早押しボタンのように使えて、Alexaの多数のクイズスキルをサポート。

価格は2個パックで19.99ドルで、年内発売の予定です。

eMarketerによると、Amazonはスマートスピーカ市場で圧倒的なシェアを誇り、米国ではシェア70%を占めているといいます。

Google HomeApple HomePodの攻勢にあいつつも、着々とその地盤を広げるAmazon EchoとAlexa。

残念ながら日本での発売はありませんが、これからも注目していきたい製品です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい