JR西日本、おおさか東線の新駅名称を「衣摺加美北」に決定 2018年春に開業へ 19年春には新大阪~放出間が延伸開業

JR西日本は9月26日、放出~久宝寺間を結ぶ「おおさか東線」のJR長瀬~新加美間で工事中の新駅について、駅名を「衣摺加美北(きずりかみきた)」に決めたと発表しました。2018年春の開業を目指します。

JR西日本プレスリリース

おおさか東線は、放出~久宝寺間を結ぶJR線。

第三セクターの大阪外環状鉄道が施設を建設・保有し、JR西日本が運行を担う上下分離方式を採用した路線です。線路は元々この区間にあった城東貨物線を旅客化・複線化して改良したもので、南区間の放出―久宝寺間は2008年に開業2019年春に新大阪ー久宝寺間の全区間開業を目指します。

同路線は大阪市中心部から放射状に延びる私鉄・地下鉄などを南北に結び、「大阪外環状」としての役割を持つことから東海道・山陽新幹線や梅田ビジネス街などへのアクセス向上が期待されます。

2008年3月の開業時は、南から高井田中央・JR河内永和・JR俊徳道・JR長瀬・新加美の5駅が設けられ、その後、東大阪市とJR西日本がJR長瀬~新加美間に新駅を設置することで合意し、工事が始まりました。

新駅の「衣摺加美北(きずりかみきた)駅」が設置されるのは、東大阪市と大阪市平野区の市境付近。

JR西日本のプレスリリースによれば「両市の住民の方々に幅広くご利用いただけるよう、駅が所在する『衣摺』(東大阪市)と、『加美北』(大阪市平野区)の地名を合わせた駅名を採用しました」としています。なお駅番号は「JR-F13」を割り当てることが既に決定済みです。

隣接する駅からの距離は、JR長瀬駅からが約1.3km、新加美駅からは約1.4km。高架下の駅舎と8両編成に対応した各方向1面ずつの計2面が新設され、エレベーターやエスカレーターなども設けられます。

駅舎のコンセプトは「モノづくりが紡ぐ歴史とまち」。地元の人々に親しんでもらえるよう、モノづくりが盛んな地域の特性を取り入れたデザインとされます。駅前には、東大阪市によって交通広場が整備される計画です。

おおさか東線は、衣摺加美北駅開業から1年後の2019年春に新大阪~放出間(北区間)が延伸開業する予定。

以前のおおさか東線の記事でもお伝えしたように、設置される駅の殆どが、大阪市内から郊外に伸びる路線と接続し、さらには新大阪駅から東海道貨物線を通って、建設中のなにわ筋線に接続する構想もあります。

(なにわ筋線についてはこちら→「なにわ筋線」ついに実現 阪急が新線建設で乗り入れも 2031年春全線開通で関空へのアクセス大幅向上

各駅の接続はこんな感じ。

  • 新大阪駅―新幹線・JR京都線(東海道本線)・地下鉄御堂筋線に接続
  • (新)西吹田駅
  • (新)淡路駅―阪急京都線・阪急千里線に接続
  • (新)都島駅
  • (新)野江駅―京阪本線に接続
  • 鴫野駅―地下鉄今里筋線・JR片町線(学研都市線)に接続
  • 放出駅―JR片町線(学研都市線)に接続
  • 高井戸中央駅―地下鉄中央線・近鉄けいはんな線と接続
  • JR河内永和駅―近鉄奈良線に接続
  • JR俊徳道駅―近鉄大阪線に接続
  • JR長瀬
  • (新)衣摺加美北駅
  • 新加美駅―JR大和路線(関西本線)と接続
  • 久宝寺駅―JR大和路線(関西本線)と接続

2018年3月に、おおさか東線の南区間は開業10周年を迎えて衣摺加美北駅が開業。その1年後の2019年春には、新大阪~放出駅間に新駅4駅が開業し、おおさか東線が全線開業することで、大阪東部エリアの鉄道ネットワークが充実することになります。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい