Twitter、文字制限を140字→280字に拡大するテストを実施へ 日本語・中国語・韓国語は対象外

米Twitterは9月27日(現地時間)、ツイートの文字制限数を現在の140文字から280文字に拡大するテストを行うと発表しました。

日本語、中国語、韓国語は対象外で、テストは全ユーザーの5%を対象に約4~6週間実施します。

Twitter公式ブログ

同社の調査によると、「言語の密度」の違いにより、140文字以内に情報を詰め込むことが難しく感じられる言語ではツイートの回数が少なく、「詰め込み感」が低い言語ほどツイート回数が多いことがわかったといいます。

そこで、同社では「詰め込み感」を減らすため、全ユーザー中の5%を対象に4〜6週間程度のテストを実施するとしています。

調査結果によると、制限の140文字に達するツイートは、日本語によるツイートでは全体の0.4%、英語によるツイートでは9%と、英語のツイートのほうが「詰め込まれている」ことがわかります。

また日本語のツイートのほとんどが15文字であるのに対し、英語は34文字でした。同社では、英語でツイートをする利用者とって文字数制限がフラストレーションを引き起こすと考える一方、日本語ではそのようなことがないと解釈しています。

Twitterの公式ブログによれば「簡潔さがTwitterの信条です。簡潔だからこそ、今起きていることを知る場になれると考えています。簡潔なツイートは情報の要旨やそれぞれの方が考えていることをダイレクトに伝えることができます。この点は決して変わることはありません」として、簡素であるべきだという考え方はそのままに「皆さんが利用しやすい方法を考える」といいます。

また「長い間Twitterを利用している皆さんの多くは140文字ということに思い入れがあるかもしれません。私たち社員もそのように感じています」としつつ、「この変化によってもたらされるものを見て、新しいけれどもTwitterらしい簡潔さを保つこの方法がとても良いと考えました」と、テスト実施を決めたということです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい