BOSE、「Googleアシスタント」初搭載の無線ノイキャンヘッドフォン「QC35 Ⅱ」を発売 前モデル同様の価格で349.95ドル

Boseは9月21日(現地時間)、アラウンドイヤー型のワイヤレス・ノイズキャンセリングヘッドフォン「QuietComfort 35」シリーズの最新モデル「QuietComfort 35(QC35)Ⅱ」の発売を開始しました。米国での販売価格は、昨年6月発売の「QC35」と同じ349.95ドル(約4万円)です。

BOSE

Google

ヘッドフォンとしては初めてGoogleの音声AIアシスタント「Googleアシスタント」を搭載する「QC35 Ⅱ」。

Bluetooth/NFCで接続したAndroid端末・iOS端末にインストールしたGoogleアシスタントを、ヘッドフォンの左のイヤーカップの「アクションボタン」を押すことで呼び出し、マイクを通して音声でコマンドを出せます。

スマートフォンのロックを解除してアプリを探す必要はなく、ヘッドホンにあるアクションボタンを押しながら指示を出すだけでOK。

スマートフォン版のGoogle Assistantとほぼ同等の機能が利用でき、メッセージを読んだり、音楽をコントロールしたり、ニュースを聞いたり、電話の発信をしたりといった様々な機能が利用できます。

ちなみに、先代のQC35と同様にAppleのSiriにも対応し、こちらは従来通り右のイヤーカップにある「マルチファンクションボタン」でSiriを起動できるようになっています。

Googleアシスタントをサポートした他はQC35と同じで、高性能なノイズキャンセル品質20時間のバッテリー持続、「Alcantara」素材のヘッドバンドと合成プロテインレザーのイヤークッションによる快適な装着感が楽しめます。航空機の中などの騒音下でも非常に優れたノイズキャンセリング機能が利用できます。

QC35Ⅱはブラックとシルバーの2色で米国などで発売を開始。価格は349.95ドル。

なお、Boseはアクションボタンについて、Googleアシスタントが利用できる市場でしかGoogleアシスタントにアクセスできないとしてり、他の市場では、ノイズの設定を調節する機能しかないということです。

発表段階ではまだ日本では発売されていませんが、QC35は日本でも販売されており、こちらの価格は税込み3万9960円。新モデルの日本での発売も楽しみです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい