パットもいらないワイヤレス充電「Pi」が登場 スマホを近くに置くだけで複数台へ同時給電 Qi規格準拠端末で使用可能に

iPhone 8がワイヤレス給電に対応したことで、久しぶりに脚光を浴びたワイヤレス充電。本格的に普及する兆しも出てきましたが、現行の「Qi」規格などでは、依然として専用パッドの上に載せなければいけないという欠点があります。

そんな不便を解消する新たなワイヤレス充電「Pi」が登場。2018年にリリース予定です。

https://www.picharging.com/

新たに登場した「Pi」は、スピーカーのような形状の端末で、スマートフォンやタブレットなどを付近に置いておくだけで複数台の同時充電ができるというもの。

現行の「Qi」規格は、充電パッドに置いて充電するもので、つまりは充電パッド自体にケーブルがあり、そして置いていないと充電できないので、充電中は手に持って使えないなど、ケーブル充電に対して不便だとも言われていました。

対して「Pi」は、ベースステーションから半径30cmほどの空間にあるデバイスを最大4台までフルスピードで充電可能。充電速度は落ちるものの、それ以上の台数でも1A以上で充電が行えるとしています。最大出力は合計で20Wまでです。

原理は一般的な電磁誘導を利用したワイヤレス給電システムを採用。

パッドを使う事なく周辺の端末に電力を供給するために、数学的問題の解決が不可欠で、MITのリシン・シー氏とジョン・マクドナルド氏がアルゴリズム開発や磁場を作り出す専用部品を開発。難題の解決には3年半を要したそうです。

充電時にパッドに置く必要がなくなったことから、「Pi」から12インチ(約30cm)離れたところからでも充電可能なので、ワイヤレス充電中でも端末を使用することができます

机の上に置かれたベースステーションの「Pi」の回りに、端末があれば充電可能。充電するためにケーブルを接続したり、専用パッドの上に置いたりという作業は必要なくなります。

このような、パッド不要のワイヤレス充電は「Pi」が初めてではなく、EnergousのWattUpやOssiaのCotaなど、これまでも登場してはいましたが、独自のワイヤレス充電規格を持つため、普及は進んでいないのが現状です。

しかし「Pi」は、これまでで最も普及しているワイヤレス充電規格である「Qi」に準拠している端末であれば利用可能

もちろん、iPhone 8やiPhone Xでも利用可能だということです。

Qiに対応していない端末には、専用のワイヤレス充電ケースが用意される予定です。

Piは2018年中に200ドル(約2万2000円)以下の価格で発売される予定。

公式サイトではすでに予約受付が始まっており、早期予約者には50ドルの割引特典があります。

他の製品への組込み・接続も検討しているということで、既に普及し始めたGoogle HomeAmazon Echoなどのスマートスピーカーに搭載されれば、家やデスクで充電を気にすることはなくなるかもしれませんね。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい