Apple、新世代iPhone「iPhone X」を発表 ベゼルレス有機ELディスプレイで顔認証を採用、112,800円~で11月3日発売

Appleはアメリカ・サンノゼに建設した新社屋のスティーブ・ジョブズ・シアターで新製品発表イベントを開催し、新世代iPhone「iPhone X」を発表しました。

予約は10月27日から開始され、発売は11月3日。価格は112,800円からです。

Apple製品ページ

【Apple発表会関連記事】

Appleの発表会でおなじみの「One More Thing…」のフレーズに続いて発表された「iPhone X」。読み方は10周年モデルということで「テン」です。新たにiPhoneシリーズの最上位となるモデルになります。

外観から見ても、これまでのデザインから一新。現在のトレンドであるフルスクリーンディスプレイを搭載しました。

デザインは、iPhone 8と同様に両面にガラスを採用。カラバリはシルバー、スペースグレイの2色展開で、ガラスならではの美しい色合いです。IP67の防水防塵もサポートしています。

ディスプレイは5.8インチで有機ELのSuper Retina Display(2,436 x 1,125ピクセル、458ppi)。ホームボタンを廃止し、インカメラやセンサー類の上部分だけ少し切り抜いたベゼルレスのフルスクリーンディスプレイを搭載しました。

iPhoneとしては初となる有機ELを採用し、iPhoneとしては最高解像度。アスペクト比は約19.5対9です。

従来指紋認証センサーを兼ねていたホームボタンを廃止したことで、新たに生体認証として「Face ID(=顔認証)」を導入しました。

Face IDは様々な角度から顔の映像を登録することで、「顔のパーツ」の関係を認識して認証。素早くロック解除が可能で、かつセキュリティ面にも配慮された認証機能だとしており、Apple Payの認証もFace IDで可能です。

またホームボタンをおしてホーム画面に戻る動作も、スワイプして戻る動作に変更されるなど、ホームボタンを廃止したがゆえの独特な動作が増えています。

背面のカメラはデュアルレンズ構成で、広角F1.8・1200万画素とOISを備える望遠F2.4・1200万画素の2つのレンズを搭載しています。光学ズームと最大10倍のデジタルズームが可能で、ポートレート撮影やより美しい被写界深度エフェクト撮影ができるようになりました。

インカメラは、Face ID認証にも使用されることからかなり進化しています。F2.2・700万画素のレンズを使用しているのはiPhone 8と同じですが、TrueDepthカメラと搭載されている多くのセンサーによって被写界深度エフェクトやポートレートでの撮影が可能に。

顔の動きを検知することで、新たに「animoji」という動く絵文字に対応。顔の表情を認識して、animojiのキャラクターが動きます。『snow』の進化版、といったところでしょうか。

ビデオ撮影は大幅に進化し、ついに4Kビデオで24fps・30fps・60fpsの撮影が可能に。4K60fpsの撮影がスマホでできるのはすごいです(録画可能時間は短そう…)。また1080p HDでは30fps・60fps、720p HDでは30fpsで撮影可能。

さらに1080pでは120fps・240fpsのスローモーション撮影が可能に。ビデオの光学式手ぶれ補正や4Kビデオの撮影中の静止画を撮影もできるようになるなど、大幅に進化しました。

チップはAppleの新チップA11 Bionicを採用。A11 Bionicは6つのコアを搭載し、そのうち4つの効率コアはA10 Fusionチップより最大70パーセント高速で、2つの性能コアは最大25パーセント高速だとしており、これによってARを使ったゲームとアプリケーションがより快適に動くようになるといいます。内蔵ストレージは64GBモデルと256GBモデルが用意されます。

本体サイズは143.6×70.9×7.7mmで、重量は174g。

充電端子はLightningコネクタ。iPhone 8同様、今回のモデルから、新たにQi規格のワイヤレス充電にも対応します。2018年には置くだけでiPhone 8やApple Watchを充電できる「AirPower」を発売する予定だということです。

なおバッテリー駆動時間は無印iPhone 7と同等レベルですので、ちょっと注意が必要かもしれません。

OSはiOS 11を標準搭載。付属品として、EarPods with Lightning Connector、Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ、Lightning – USBケーブル、USB電源アダプタが付属します。

iPhone Xの予約は10月27日から開始され、発売は11月3日。価格は112,800円からです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい