Apple、次期iPhone「iPhone 8/8 Plus」を発表 両面にガラス採用で3色展開、78,800円~で9月22日発売

Appleはアメリカ・サンノゼに建設した新社屋のスティーブ・ジョブズ・シアターで新製品発表イベントを開催し、次期iPhone「iPhone 8/8 plus」を発表しました。

予約は9月15日から開始され、発売は9月22日。価格は無印iPhone 8が78,800円から、Plusが89,800円からです。

Apple製品ページ

【Apple発表会関連記事】

 

iPhone 8/8 plusは、現行のiPhone 7/7 plusの後継機種となるモデルです。外観デザインや使い勝手はそのままに、中身が正統進化しました。

まず外観として、なつかしの両面ガラスを採用。カラバリはシルバー、スペースグレイ、ゴールドフィニッシュの3色展開で、七層の色処理が施されてるという深みのある色合いです。

IP67の防水防塵もサポートしています。

ディスプレイは新しいRetina HDディスプレイを採用。iPhone 8は4.7インチ(1,334 x 750ピクセル、326ppi)、iPhone 8 Plusは5.5インチ(1,920 x 1,080ピクセル、401ppi)のIPS液晶を搭載しました。

周囲の光に合わせてホワイトバランスを自動的に調整する「True Tone」に対応し、今までよりも広色域なディスプレイになり、3D Touchは継承しています。

カメラは、無印iPhone 8はF1.8・1200万画素のレンズ、iPhone 8 Plusは広角F1.8・1200万画素のレンズと望遠F2.8・1200万画素のデュアルレンズ構成で、8 Plusのみポートレート撮影に対応しています。8 Plusの広角レンズと望遠レンズは光学ズームに対応。写真なら最大10倍、ビデオなら最大6倍のデジタルズームも使えます。無印iPhone 8は最大5倍のデジタルズームに対応しています。

両モデルとも光学式手ぶれ補正に対応し、Live Photosやさらに美しく撮れるようになったHDRをサポートしています。

ビデオ撮影は大幅に進化し、ついに4Kビデオで24fps・30fps・60fpsの撮影が可能に。4K60fpsの撮影がスマホでできるのはすごいです(録画可能時間は短そう…)。また1080p HDでは30fps・60fps、720p HDでは30fpsで撮影可能。

さらに1080pでは120fps・240fpsのスローモーション撮影が可能に。ビデオの光学式手ぶれ補正や4Kビデオの撮影中の静止画を撮影もできるようになるなど、大幅に進化しました。

インカメラはF2.2・700万画素のレンズを採用し、1080p HDビデオ撮影が可能となっています。

チップはAppleの新チップA11 Bionicを採用。A11 Bionicは6つのコアを搭載し、そのうち4つの効率コアはA10 Fusionチップより最大70パーセント高速で、2つの性能コアは最大25パーセント高速だとしており、これによってARを使ったゲームとアプリケーションがより快適に動くようになるといいます。

内蔵ストレージは64GBモデルと256GBモデルが用意され、これはiPhone 8/8 Plusで共通。

本体サイズと重量はiPhone 8が138.4×67.3×7.3mmで148g、iPhone 8 Plusが158.4×78.1×7.5mmで205gとなっています。

充電端子はLightningコネクタ。今回のモデルから、新たにQi規格のワイヤレス充電にも対応します。2018年には置くだけでiPhone 8やApple Watchを充電できる「AirPower」を発売する予定だということです。

生体認証は指紋認証(Touch ID)で、前モデル同様にホームボタンに組み込まれています。

OSはiOS 11を標準搭載。付属品として、EarPods with Lightning Connector、Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ、Lightning – USBケーブル、USB電源アダプタが付属します。

予約は9月15日から開始され、発売は9月22日。価格は無印iPhone 8が78,800円から、Plusが89,800円からです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい