Apple、第3世代「Apple Watch Series 3」を発表、22日発売へ LTE内蔵のセルラーモデルも販売 日本3キャリアでも

Appleはアメリカ・サンノゼに建設した新社屋のスティーブ・ジョブズ・シアターで新製品発表イベントを開催し、単体でLTE通信が可能となった「Apple Watch Series 3」を発表しました。

日本でも、au、NTTドコモ、ソフトバンクから発売され、9月15日より予約を開始し、9月22日より発売予定。価格はLTE対応版が45,800円~、非対応版が36,800円~です。

Apple製品ページ

【Apple発表会関連記事】

新たにセルラー通信に対応するようになったApple Watch Series 3は、ワイヤレスイヤフォン「AirPods」と連携可能で、両者の組み合わせによりスマートフォンやWi-Fiがなくとも、どこでもストリーミングによる音楽再生が可能。Siriによるアシスタント利用や、音声通話も可能です。

デュアルコアCPUを搭載し、性能は7割向上、無線も新開発の「W2」チップで5割の省電力化を図りつつ85%高速化。センサーとして、高度計も追加されました。

Cellularモデルはデータ通信のみならず、音声通話にも対応します。電話番号は、ペアリングしたiPhoneを引き継ぐ設定、発表会では、リアルタイムでの通話デモも行なわれました。

なお気になるSIMは「eSIM」採用で、チップが内蔵。(残念ながら?)SIMカードスロットはありません。

機能追加、性能向上を実現しつつ、ディスプレイ自体をアンテナとし、SIMにはeSIMを採用することで、筐体はSeries 2と同じ大きさに。バッテリー駆動時間も18時間をキープしています。

OSは、9月19日に提供開始となるwatchOS 4を標準搭載。

Apple WatchのWatchバンドは、Series 3でも本体サイズが同一であれSeries1や2のものをそのまま使えます。

「Sports Loop」という新シリーズのバンドも今回から追加されます。

本体カラーリングは、セラミックモデルには新色としてグレー、アルミモデルにはブラッシュ・ゴールドが追加されます。

日本でも、au、NTTドコモ、ソフトバンクから発売され、9月15日より予約を開始し、9月22日より発売予定。価格はLTE対応版が45,800円~、非対応版が36,800円~です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい