Xiaomi、5.99型ベゼルレススマホ「Mi MIX2」を発表 約55,000円~でSnapdragon 835搭載のハイスペックモデル

中国Xiaomi(小米科技)は9月11日、同社の最新スマートフォン「Mi MIX2」を発表しました。

昨年発売され、奇抜なデザインコンセプトが大きな話題を集めた「Mi MIX」の後継機種で、低価格ながらスペックは高くなっています。

Xiaomi Global

Mi MIX2は、アスペクト比18:9の5.99型フルスクリーンディスプレイを搭載するAndroidスマートフォン。

ディスプレイ解像度は2160×1080で、液晶はIPS液晶。前モデルのMi MIXに引き続いて3辺狭額縁なデザインを採用し、ディスプレイは少し小型化。下端はMi MIXより12%小さくなっています。

メインの背面カメラはF2.0・約1,200万画素で、イメージセンサはソニー製のIMX386で、4軸光学手振れ補正に対応。同社のフラッグシップMi6のメインカメラと同等の高画質カメラを採用しました。

約500万画素のインカメラはディスプレイ下端部に搭載されており、受話器となるスピーカーは、薄型の圧電スピーカーが上端に搭載されています。

対応周波数が広く、6モード、43バンドに対応し、世界各地のネットワークに対応。日本で発売されることは恐らくありませんが、しっかりネットワークには対応しています。

  • GSM:2/3/5/8
  • CDMA:BC0,BC1,BC6,BC10
  • CDMA:EVDO,BC0,BC1,BC6,BC10
  • WCDMA:1/2/3/4/5/6/8/9/19
  • TD-SCDMA:34/39
  • FDD-LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/13/
    17/18/19/20/25/26/27/28/29/30
  • TD-LTE:34/38/39/40/41(4×4 MIMO)

Mi MIX 2には標準モデルと、「Mi MIX 2 Special Edition」と呼ばれる特別モデルの2種類が用意されます。セラミック素材製の背面カバーと金属素材製の側面フレームが組み合わされている標準モデルに対し、特別モデルの筐体は全面セラミック素材のユニボディ構造で、完成までに7日間をかけて研磨されているといいます。

チップセットはQualcommのSnapdragon 835内蔵メモリ(RAM)は標準モデルで6GB/特別モデルで8GB、内蔵ストレージは標準モデルで64 / 128 / 256GB、特別モデルで128GBとなっています。

通信はBluetooth 5.0、Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、2G / 3G / 4G LTE(VoLTE)、NFCに対応。

SIMはnanoSIMで、デュアルSIM(DSDS)に対応。

なおmicroSDへは非対応、及び3.5mmイヤホンジャックは搭載していません(USB Type-C – 3.5mmイヤホンジャック変換ケーブルが付属)。

バッテリーは3,400mAhで、充電端子はUSB type-CQuick Charge 3.0に対応しています。

本体サイズと重量は2モデルで異なり、通常版:151.8×75.5×7.7 mm(185g)、特別版:150.5×74.6×7.7 mm(187g)です。

カラバリは標準モデルがブラック、特別モデルがホワイト・ブラックです。

Mi MIX 2は3299人民元(約5万5000円)より、Mi MIX 2 Special Editionは4699人民元(約7万9000円)。

今月15日より中国国内で発売され、次いでグローバル市場にも投入される予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい