NTTドコモ、「PREMIUM 4G」の下り最大速度を国内最速788Mbpsに Galaxy S8+、Xperia XZ Premium、AQUOS Rなど4機種から

NTTドコモは、「PREMIUM 4G」として展開しているLTEサービスで、これまで下り最大682Mbpsで提供してきたものを、9月4日から下り最大788Mbpsで提供すると発表しました。

NTTドコモ PREMIUM 4G

下り最大788Mbpsは2017年年9月末までに東名阪の一部地域における全国約250都市において提供され、それ以外の地域では下り最大738Mbpsとなります。ただし、9月4日時点での利用可能エリアは関東甲信越管内とのこと。

対応製品は「Galaxy S8+(SC-03J)」「Xperia XZ Premium(SO-04J)」「AQUOS R(SH-03J)」「Wi-Fi STATION(N-01J)」の4機種。

スマートフォン3機種については、4日付けで最新のソフトウェアの配信が開始されており、適用することで788Mbpsのサービスが利用できるようになります。Wi-Fi STATION N-01Jについては2017年9月以降にソフトウェア更新を提供開始予定としています。

これにより、auが9月1日より下り最大708Mbpsのサービスを開始して国内最速となっていましたが、再びドコモが国内最速を更新しました。

仕組みとしては、4G(第4世代)とされる通信規格のLTE-Advancedの技術で、複数の電波を束ねて高速化するキャリアアグリゲーションや、複数のアンテナを使う4×4 MIMOはそのまま、4×4 MIMOで伝送モードを最適化して制御信号を減らすという伝送効率の向上によって、高速化しました。

これまでの下り最大通信速度である682Mbpsが788Mbpsになり、788Mbps対応エリア以外では従来の632Mbpsから732Mbpsに高速化されます。なお、上り(送信時)速度は最大50Mbpsです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい