阪急、大阪伊丹空港へ新線建設を検討へ 梅田直結、宝塚線・曽根から分岐か なにわ筋連絡線なども検討中

阪急電鉄が、大阪国際(伊丹)空港に乗り入れる新線を検討していることがわかったと、産経新聞などが9月1日に報じました。

具体的な計画はこれからですが、阪急は国土交通省や大阪府などの関係者に説明を始めているということです。

阪急電鉄が検討していることが明らかになった新線構想は、大阪・伊丹空港に乗り入れる新線

実現すれば、大阪市中心部の梅田と伊丹空港が初めて鉄道路線で直結することになります。

すでに阪急電鉄では、国土交通省や豊中市、大阪府などとともに旅客数の予測や採算性に関する調査を開始。今年度内にも事業化の可否を判断するということです。

新線は、阪急宝塚線・曽根駅(大阪府豊中市)からの約3kmを地下で結ぶコースを想定しています。工事費用は1千億円規模となる見込みだ。

現在、伊丹空港に乗り入れる鉄道は大阪モノレールだけで、梅田など大阪市の中心部から向かう場合は、必ず乗り換える必要があり、アクセス改善を求める声は大きいのが現状。新線が実現すれば、大阪の都心部と伊丹空港が初めて鉄道で直結され、空港までの所要時間の短縮が見込まれます。

具体的なルートや途中駅を設置するかどうかは今後検討していくといい、地下路線は市街地の用地買収が不要な一方で大規模な地下工事が必要になるため、事業費は1000億円規模に上るとの見方もあります。

阪急は宝塚線と神戸線、京都線を接続する十三駅からJR新大阪駅に連絡する新大阪連絡線」と、JR・南海などが計画中の「なにわ筋線」に連絡する路線も検討しています。

(過去記事)「なにわ筋線」ついに実現 阪急が新線建設で乗り入れも 2031年春全線開通で関空へのアクセス大幅向上

なにわ筋線は2031年春に完成予定で、大阪市中心部を南北に走り、関西国際空港への新たなアクセスルートとなります。

阪急が検討中の路線がすべて実現すると、関空~伊丹空港が約1時間で結ばれることとなり、関空・伊丹空港・新幹線がより近く結ばれます

阪急は、国土交通省が7月に開いた「近畿圏における空港アクセス鉄道ネットワーク検討会」で、伊丹空港への新線構想を提示。検討会には、大手私鉄のほか有識者や大阪府や兵庫県、関空と伊丹空港を運営する関西エアポートなどの関係者が参加し、なにわ筋線の調査がまとまる来年夏ごろ、需要予測や事業採算などを踏まえて判断する見通しとなっています。

大阪最後の大規模都心路線といわれる「なにわ筋線」に加え、交通の便が悪い伊丹空港への新線計画が動き出しました。

残念ながら阪急線と南海・JRのなにわ筋線とは線路幅が異なるため、関空ー伊丹直結ということにはなる可能性はほぼありませんが、確実に実現してほしい、夢のある計画です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい