【IFA2017】SONY、1インチセンサー搭載の小型カメラ「RX0」を発表 RXシリーズ踏襲の高級小型機で新たな表現を

ソニーは9月1日、ドイツ・ベルリンで開催中の「IFA2017」にて、1型センサーを搭載した小型カメラ「RX0」を発表しました。発売は10月27日で、価格はオープン。店頭予想価格は税別80,000円前後です。

RX0製品ページ

【IFA2017関連記事】

今回発表された「RX0」は、他社のアクションカメラに似た小型ボディですが、ソニーは「アクションカム的な使い方もできるが、あくまでプレミアムコンパクトカメラである”RX”シリーズを小型化し、従来製品でカバーできなかった領域を開拓する」としている製品。超小型ボディを実現するために手振れ補正機能を省き、ウェアラブル的に使うというより、これまでカメラが設置できなかった場所に固定して使うことをメインとするといいます。

1インチで約1530万画素の積層型CMOSセンサー「Exmor RS」に加えて、レンズに24㎜/F4のZEISS Tessar T、画像処理エンジンに「BIONZ X」を搭載することで、小型ながら秒間16コマの高速連写を可能に。

1/32000秒の「アンチディスト-ションシャッター」や、最大960fpsのスーパースローモーション撮影にも対応。

さながらIFAで発表されたXperia XZ1Xperia XZ Premiumのカメラを更に優秀に小型化したような感じです。

動画撮影は、本体のSDカードに記録する場合はフルHDまで、4K HDMI出力を利用して外部レコーダーに記録する場合は4K動画もサポート。前述の通りスーパースロー撮影をサポートし、240/480/960fpsのフレームレートで撮影できます。

本体はW59×D29.8×H40.5mmの小型ボディで、水深10mの防水性能、2.0mの落下耐性、200kgfの耐荷重設計で、これまで困難だった場所での撮影を可能にしました。

プロ向けに複数台を組み合わせた多視点からの撮影を提案。PlayMemories Mobileアプリをインストールしたスマートフォンで、最大5台の「RX0」を操作できるほか、来年1月を目処にアクセスポイントを経由した操作、別売りの有線コントロールボックスによる操作にも対応する予定です。

このほか、水深100mで利用できる防水ハウジングや35個の1/4インチねじ穴を設けて、さまざまな場所に固定できるケージなど多種多様なアクセサリを用意する予定。

これまでのRXシリーズでは踏み込めない場所に入れるカメラとなった「RX0」。高級コンデジとしてコンパクトカメラの常識を変えたRXシリーズに、新たな風が吹き込むかもしれません。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい