YouTubeがロゴ・デザインを刷新 縦方向の動画やスマホでの再生速度調整にも対応 ダークテーマも追加

YouTubeは8月29日(現地時間)、公式ブログでYouTubeのデザインと動作に対する複数のアップデートを順次展開していくことを明らかにしました。

YouTube Official Blog

今回の複数のアップデートで一番大きな変更点となるのは、YouTubeロゴの変更です。

これまでは再生ボタンをイメージした枠の中に白抜きの文字を配置したデザインでしたが、赤と白の再生ボタンが文字の前に配置されたものになっています。

そのほか、YouTubeのヘッダーが白くなったり、より多くのジェスチャに対応するために、左右へのスワイプ操作で動画を切り替えられる機能が追加されたりと、デザインや操作の面で変更がなされます。

現在、デスクトップ版ではすでに再生速度の調整が可能ですが、それと同じ機能が今回、モバイル版で利用できるようになります。これは便利です。

さらに、視聴中の動画フォーマットに合わせてYouTubeの向きが調整されるようになります。動画が縦方向ならば、プレーヤーも縦方向で表示されるというものです。

これは、SnapchatやInstagramなどのサービスの影響で、縦方向動画を視聴することに慣れている若年層の視聴者が増加していることを受けたもの。新たな風を取り入れ、動画界の王者の座を譲りません。

YouTube

新機能はデスクトップ版にも追加され、背景を暗くすることのできる「Dark Theme」を提供予定。

アップデート順次提供され、お使いのデバイスでもまもなく使えるようになります。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい