iPhoneでも「OK,Google」:iOSでもGoogleアシスタントが配信開始 もちろん日本語にも対応

Googleが提供するAIアシスタント「Google アシスタント」のiOS版が各国のApp Storeでついに配信を開始しました。

iOSで配信を開始したGoogleアシスタントは、Android版と同じように、ボイスコマンドでiPhoneにさまざまな指示が出せます。

電話をかけたり、テキストメッセージやメールを送ったり、音楽を再生できるといった機能はもちろん、Googleアカウントに紐付けできるリマインダーやカレンダーの設定や、Googleマップを使用したナビゲーション、Google先生にいろんな質問をするといった高度な指示も出せます。もちろん、会話も楽しめますよ。

日本語での指示にも対応。今すぐ、話しかけるように使いだせます。

Googleアシスタントできることは、以前の記事でご紹介しましたのでこちらご覧ください。

Googleアシスタントがやってきた!ホームボタン長押しで呼び出せる進化した会話形AIで何ができる?

Googleアシスタントといえば、年内にはスマートスピーカーの「Google Home」が日本に上陸する予定です。Appleのスマートスピーカー「HomePod」も年内に英語圏で発売されるのですが、日本対応スケジュールの案内はありません。

PCブラウザでも使えるようになるなど、幅広いプラットフォームで利用できることが強みとなった「Googleアシスタント」と、Apple製品のみで使えるSiri。はたしてどちらが勝者となるのか。

あなたもiPhoneで「OK,Google」と話しかけてみては?

App Store

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい