日産がノートe-POWERを発表!ハイブリッドでもEVでもない新技術に”ひと踏み惚れ”

日産自動車は11月2日、エンジンを発電のみに使う「シリーズ式」のハイブリッド車(HV)『ノートe-POWER』を同日発売すると発表しました。シリーズ式のHV乗用車投入は国内では初めてとなります。同時に「ノート」全車において一部仕様向上も実施。

トヨタの「アクア」やホンダの「フィット」など他社の量産モデルと比べると、量産型にもかかわらずこれまでいまひとつ印象の薄かった「ノート」。

そんな「ノート」にハイブリッドでも電気自動車(EV)でもない新技術『e-POWER』が搭載されるとは!

日産の1000万台達成への夢が走り出した感じです。

というわけで今回は日産ノートe-POWERについてみていきます。

燃費性能は「アクア」越え

768713e81b967c6ccf8e0f787383a235

先代の日産ノート

新型ノート、一番の見所はなんといっても「燃費」。

燃費性能でホンダ「フィット」やトヨタ「アクア」を抜き、クラストップの低燃費となったのです。新型モデルがターゲットとしたライバルのスペックを上回るのは当たり前ともいえますが、トヨタ「アクア」の燃費性能は2011年の登場時から、ホンダ「フィット」に抜かれた数カ月間を除き、ずっとトップを守ってきたのです。その王者を「ノート」が退けた形になりました。

日産はこれまで、燃費競争では後れを取っていました。先代「ノート」の燃費は26.8km/リットル(JC08モード)。ハイブリッドではない、ガソリンエンジンの車だと考えれば確かに驚異的な低燃費ですが、「アクア」と比較すれば10km/リットルも負けていたのです。今回の大逆転劇は開発のために10年の歳月をかけたという新技術を採用することで実現しました。

日産は「リーフ」でトップに立つも…

nissan-leaf-side-fw_

自動車大国アメリカでも販売2位

自動車大国アメリカでも販売2位

かつて、トヨタがその優位性を証明したハイブリッドに多くのメーカーが追随する中、2010年に日産が下した決断は電気自動車(EV)にかけるという大胆な選択でした。

そこから生まれたのが世界初の量産EV「リーフ」

ルノー・日産アライアンスは9月13日、2010年12月の日産「リーフ」発売以来、EVの累計販売台数が35万台を突破したと発表。2015年8月からの1年間でEV10万台を販売するという業界記録も打ち立てた。実に世界を走る電気自動車の半分が日産「リーフ」なのです。

しかし自動車販売全体ではとてもハイブリッドに対抗できているとはいえない状態。今回、新型「ノート」にハイブリッドシステムを採用したことは路線変更であり、ある意味ではEVを諦めたのかと思いきや、決してそうではありません。

エンジンは発電専用、走行は電気モーター

161102-02-04-source

 

「e-POWER」は従来型のパラレルハイブリッドとは異なり、エンジンはタイヤに直接つながっておらずモーターのみで100%駆動することが最大の特徴です。

なにしろ従来の駆動方式とは一線を画す新しい技術で、ガソリンエンジンとモーターを搭載しているという点では通常のハイブリッド車と変わりませんが、ガソリンエンジンを走行のために使いません。ガソリンエンジンで発電し、その電気でモーターを動かして走行します。そのため、通常の電気自動車のように充電する必要はありません。そのため、発電機を搭載したEVとみることもできます。

発電用のガソリンエンジンを搭載することで、EVの弱点である航続距離を拡大したという感じです。日産の解釈では、「ノート e-POWER」はハイブリッドカーではなく、EVなのです。

「e-POWER」は日産にとってなんとも都合の良い低燃費技術ですし、EVとハイブリッドのいいとこ取りをしたシステムともいえます。

発電専用のエンジンであるため、最も発電効率の高い条件でエンジンを回して車載電池に充電する。従来のハイブリッドに比べてエンジンが動作する時間を半分程度に抑えることができます。

車載電池にためた電気で大出力モーターを動かして走るため、EVと同様の力強い加速性能と2クラス上の静粛性を両立できたといいます。「アクセルペダルをひと踏むするだけで、お客さまはこの車の虜になる」(日産自動車星野専務)そうで、このe-POWERを“発明”とまで言っています。

NISSAN LEAF NISMO RC

NISSAN LEAF NISMO RC

私の実家の車は実は日産リーフで、販売当初のころから約4年乗っているわけですが、ガソリン車から電気自動車に変わったときの、あの静かさとモーター音の未来感、そして電気で走っているとは思えない加速は衝撃でした。

 日産リーフは、日産の高級スポーツセダン「スカイライン」と同レベルの加速性能があり、実はル・マン24時間耐久レースなどにもスポーツ仕様のリーフで出場しています。

今回ノートe-POWERに搭載されたモーターは日産リーフのものを転用。「すごい加速」をノートでも感じることができます。

なぜ量産車に新技術?

a

そんな画期的な技術を量販車である『ノート』に搭載したわけですが、そこには理由が。

「少しでも多くのお客さまにわれわれの最先端の技術を見て、乗って、感じていただきたいからです」と発表会で星野専務は話し、「コンパクトカーの概念をこの新型パワートレインが覆すと確信している」と付け加えます。

e-POWERノートは価格も177万~224万円と、お手頃価格に設定しています。

もちろん、日産の国内販売が低迷し、”もっと普及するはずだった”リーフの販売落ち込みもその理由でしょう。

ちなみにモデル別に見ると価格は「e-POWER S」が177万2280円、「e-POWER X」が195万9120円、「e-POWER MEDALIST」が224万4240円。通常エンジン駆動のノートと比べて30万~60万円プラスだ。売れ筋と予想される「X」グレードで200万円を切っています。合わせてノート全車についても一部仕様を向上し、同時に発売。価格は2WDが139万3200~198万5040円、4WDが171万1800~192万9960円です。

おわりに

というわけで今回は日産のノートe-POWERについてみてきましたがいかがだったでしょうか。

実家で暮らしてたころは私もずっと日産リーフに乗ってたわけですが、このノートe-POWERでEVの弱点である航続距離問題が解決されるというのはホントにすばらしいですね。

というのも、実家から祖父宅に帰省するときはそれまで車でいってましたが、リーフになってからは当時開通したばかりの新幹線を利用するようになりました(当時はまだ高速道路のSA/PAに充電器の設置がされてなかった)。

高速道路での単一車線自動運転を搭載した新・日産「セレナ」も発売され、先日は傘下となった三菱自動車の事業改善プランも発表されました。

日産の世界販売1000万台到達という夢は、意外に近いのかもしれません。

みなさんも日産のお店でぜひ「ひと踏み惚れ」、してみてください。

それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい