Samsung、Galaxy S8のタフモデル「Galaxy S8 Active」を米国で販売へ 4000mAhバッテリー搭載で耐衝撃の屈強ボディ

韓国Samsung Electronicsは8月7日、同社のスマートフォン「Galaxy S8」のタフネスモデルとして「Galaxy S8 Active」AT&Tが8日から米国で独占販売すると発表しました。

Samsung Electronics NEWSROOM(英語)

「Galaxy S8」に、飛散防止スクリーン防水、防塵、耐衝撃性に優れた金属筐体、4000mAhのバッテリーを加えた「Galaxy S8 Active」

Samsungはこれまでも、「Galaxy S」シリーズのスマートフォンのより堅牢なモデルをリリースしてきましたが、今回も登場です。

Galaxy S8 Activeは、5.8インチのディスプレイ、1200万画素の背面カメラ、800万画素の前面カメラなど、標準的なGalaxy S8と同じ仕様を備えます。

改良点の1つは、バッテリー容量が3000mAhから4000mAhに増加していること。

そしてMIL規格対応の防水/防塵/耐衝撃性能を有する頑丈な構造の金属フレームボディで、寒冷地や高温環境下での使用も可能。

色は「Meteor Gray」「Titanium Gold」の2色。サイズと重さは発表されていません。

金属フレームで覆われるため、S8シリーズで初めて発表した「Infinity Display」は搭載されませんが、「Galaxyの最強の機能をより堅牢なパッケージに提供することができた」としています。

Galaxy S8 Activeは、米国の大手セルラーAT&Tから登場し、8月8日から予約注文受付、11日から小売店での販売が開始されます。価格は850ドルで、28.34ドルの30回分割払いが選択できます。

なおGalaxy S8 Activeを購入したAT&Tユーザーは期間限定で、一定の条件を満たせば、「Samsung TV」購入で500ドルのキャッシュバックや、49ドルで「Gear S3」が購入できる特典などが用意されています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい