動画も写真もこれ1つ!5000円で大満足の三脚「Manfrotto COMPACT Action」レビュー!片手で操作できて便利な一本

ひさびさのレビューです!

今回は、ちょっとビデオ用にも使えそうな三脚を探していたらこれだ!と見つけた、Manfrotto COMPACT Actionをご紹介します。

この三脚、軽くて持ち運びやすく、ジョイスティックのついた雲台と動画・写真で切り替えられるセレクター、クイックリリースプレートを採用していて、とても便利。価格も5000円台~と、機能の割にお手頃です。

早速ご紹介します。

Manfrotto COMPACT Action製品ページ

まずは製品のスペックから。

ジョイスティック(ガングリップ)型のハンドル雲台を搭載しているアルミ製コンパクト三脚で、段数は5段

ビデオ撮影と写真撮影を切り替えられる、フォト・ムービー・セレクターがあって撮影用途に合わせて素早くセッティングできます。

全高は155cm(EVなしは133cm)、格納高は45.3cm、本体重量は1.16Kg、対応重量(耐荷重)は1.5kgです。カラーはブラック・ホワイト・レッドの3色です。

三脚にはケースが付属。マンフロットのロゴがかっこいいです。。

ケースの生地は意外と厚みがあり、安心です。

ケースの紐は肩にかけられるようになっています。

一番縮めた時はこんな感じ。格納高は45.3cmと、超コンパクト!とまでは行かないものの持ち運びやすいサイズで、本体重量は1.16Kgと軽く便利。

なお耐荷重は1.5kgなので、大きすぎるカメラには不向きです。ミラーレス一眼などには最適だといえます。

これが特徴的な雲台。ガングリップで自由に向きを調整できます。

そしてクイックリリースプレート

このマンフロットマークの裏が三脚ネジになっており、カメラの三脚穴に取り付けておけば、三脚に取り付けられるというものです。

取り付け・取り外しがとても簡単で、カメラの台数分だけ、クイックシューが欲しくなります(笑)

他のメーカーのクイックシューに比べて小さくて、カメラを収納する際にじゃまにならないのが良いです。

さて雲台に戻ります。雲台の左側面には調整ダイヤル(上)と、フォト・ムービー・セレクター(下)がついています。

ムービーモードにすると、雲台を少し緩めておく(後述)だけで滑らかなカメラワークを実現できます。

調整ダイヤルは、カメラの位置を微調整するものです。

カメラの取り付けイメージはこんな感じ。

ガングリップについているダイヤルを、奥方向(上方向)に回すと雲台が固定され、手前方向(下方向)に回すと固定が緩みます。雲台を動かしながら固定したり緩めたりする操作を片手だけで実現できるので、とても便利です。

ムービーモードのときは、すこし緩めて動かすとかなり滑らかな動作をすることができます。

というわけで、Manfrottoの三脚「COMPACT Action」をご紹介しましたがいかがだったでしょうか!

価格はAmazon.co.jp5,419円(2017.8.4時点)と機能の割にお手頃です。

ちょっといい三脚がほしいけど、1万円以上は出せない、写真も動画も三脚で撮りたい!なんて方には最適な三脚だと思います。

この三脚を使った写真や動画も、今後当ブログでお届けしますのでお楽しみに!

それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい