渋谷で最高の230m・47階建て大型複合施設「渋谷スクランブルスクエア」が19年春に誕生 駅直結の商業施設、屋上には展望施設も

東京急行電鉄、JR東日本、東京メトロは8月1日、渋谷駅街区開発計画の施設名称を「渋谷スクランブルスクエア」に決定したと発表しました。

駅直結の施設となる渋谷駅街区開発計画では、3社が事業主体となり、2019年度に第Ⅰ期(東棟)2027年度に第Ⅱ期(中央棟・西棟)の開業を予定しています。

3社共同プレスリリース

3社の共同プレスリリースによると、「渋谷スクランブルスクエア(SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」という名称には「多様な人々を渋谷の街に惹きつけ、混じり合うことにより、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージにしたい」という意図を込めているといいます。漢字の「渋」がモチーフの施設ロゴも公開されました。

第Ⅰ期として2019年度に開業予定の東棟高さ約230m、地上47階・地下7階建て高層部にオフィス、中低層部に大規模商業施設が入ります。

高層部のオフィスは、渋谷地区最大級という総賃貸面積約7万3,000平方メートルハイグレードオフィスを備え、全フロアから都心の眺望を堪能できます。

地下2階から地上14階までは商業施設となり、「遊び場」と「VIVA」を掛け合わせた「ASOVIVA」をコンセプトに、「情報鮮度」「本物・本質」「共感・つながり」を具現化する「世界最旬の商業施設」をつくるとしています。

東棟の商業施設の売場面積は約3万平方メートル、中央棟・西棟の完成時には合計で約7万平方メートルの大規模商業施設となる予定です。

東棟ではその他、最上部に屋外展望施設、中層部にクリエイティブ・コンテンツ産業のイノベーションを促進する交流施設も備え、駅直結型のランドマークとして渋谷の街を更に活気付ける存在となります。

屋上の展望施設は、超高層ビルの屋上を全面的に活用したものでは日本最大級の大きさで、渋谷スクランブル交差点を見下ろしたり、都心の景色を眺めることができます。

また、駅直結の巨大施設ということから、帰宅困難者受入れ空間としての役割も果たし、防災備蓄倉庫の整備や、高効率で自立性の高いエネルギーシステムの導入により、災害時に避難先として役立ちます。

もちろん、現在改修が進むJR渋谷駅、東京メトロ・東急渋谷駅などの乗り換えの利便性も向上させ、渋谷の街へのアクセスも改善させます。

なお、運営は東急電鉄・JR東日本・東京メトロが共同出資する「渋谷スクランブルスクエア株式会社」が行う予定です。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい