さよなら「Flash」:Adobe、2020年末にFlashを終了へ Google, Apple, MSらと協力してWebコンテンツHTML5などへの移行をサポート

Adobe Systemsは7月25日 (現地時間)、動画やゲーム、アニメーションなどリッチなオンラインコンテンツを可能にする技術「Flash」の開発・提供を2020年末に終了すると発表しました。

Adobe NEWSROOM(英語)

AppleFacebookGoogleMicrosoftMozilla

Adobeが2005年に買収したMacromedia社が製品化した技術「Flash」は、音声やビデオ、アニメーションを組み合わせたメディアリッチでインタラクティブなオンラインコンテンツの作成・提供を可能にし、Webコンテンツ必須の技術として使われてきました。

Flashで作成したコンテンツを再生するにはFlash Playerを使う必要があるほか、脆弱性があることも発覚し、HTML5WebGLなどのオープンな規格で機能を代替できるようになるにつれ、様々なブラウザがサポート終了を宣告しました。

Flashはインターネットに動画やゲームなど動的なコンテンツをもたらし、インターネットの進化の一翼を担いました。しかし脆弱性や、高負荷であるといった問題を解決できず、Flashは時代とともに敬遠され、HTML5の普及と共に置きかえが進められてきました。

AdobeはFlashを用いたコンテンツを作成しているクリエイターに対し「既存のFlashコンテンツを新しいオープンフォーマット(HTML5やWebGLなど)に移植するよう推奨していく」としています。具体的には、Flash Playerのアップデートと提供を2020年末に停止し、Apple、Facebook、Google、Microsoft、Mozillaなどの技術パートナーと協力してインターネット上のFlashコンテンツの移行を促進していきます。

Appleの故スティーブ・ジョブズ氏は2010年に「Flashはクローズドで問題が多い」と批判してiPhoneでの採用をやめ、早くから脱Flashをスタート。ユーザーがFlashをインストールしても、デフォルトではOFFに設定され、SafariでFlashを利用するには、それぞれのサイトでプラグインを有効化する必要があります。またMozillaのFirefox、GoogleのChromeブラウザ、MicrosoftのEdgeでは、2015年頃からFlashのブロックを開始して、少しずつFlashコンテンツの自動再生をブロックし、サポート終了を目指しています。

Adobeは、今後も新しいWeb標準の開発をリードし、Flashコンテンツを作成できる「Adobe Animate」「Premiere Pro」など、「最高のツールやサービスのデザイナーや開発者への提供を続け、今後もすばらしいWebコンテンツの創造をサポートしていく」としています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい