富士通、ハンドソープで洗えるSIMフリースマホ「arrows M04」を7月20日発売 落としても大丈夫な耐衝撃・防水・防塵にも対応

富士通コネクテッドテクノロジーズ7月10日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「arrows M04」7月20日に発売すると発表しました。全国の家電量販店のほか、MVNO13社が取り扱いを予定しています。量販店での価格は4万円程度の見込みです。

富士通 arrows M04 製品情報ページ

「arrows M04」は、防水・防塵に加えて耐衝撃性能を強化したAndroid 7.1搭載スマートフォンです。

米国国防総省の調達基準であるMIL規格の23項目に準拠した耐久性や、落下時の画面割れに強い堅牢性など、利用シーンを選ばずに安心して使うことができ、1.5mの高さからのコンクリートへの落下試験も実施しています。

 

また、ホーム画面やよく使う基本アプリの操作が分かりやすく、スマートフォンを初めて使う方やシニアの方にも使いこなしていただける「かんたんセット」を搭載。文字や表示サイズを拡大し、見やすいフォント・アイコンに切り替える「はっきり文字」や、ワンタッチで画面をズームできる「いつでもズーム」も搭載しているため、文字が小さいニュース記事なども読みやすく表示することができます。

加えて、富士通のスマートフォンで初めて、液体の食器用洗剤や泡タイプのハンドソープでの洗浄に対応。いつもキレイな状態で使うことができます。(どっかで見ました)

カメラは1310万画素F値2.0のアウトカメラ、500万画素のインカメラを採用。画像処理エンジンが進化したことで、くっきりと色再現性の高い写真が撮影でき、夜景や室内の薄暗いシーンも色鮮やかに撮れるようになりました。広角90度のレンズにより、広大な風景もしっかり入れることができます。また新機能の「ゼロシャッターラグ」により、一瞬のチャンスを逃さずにベストショットを撮影可能。インカメラも広角レンズを採用し、街並みや友人たちとのグループショットなど、より広い範囲の撮影が可能です。また、美肌補正で小じわやシミをキレイに補正、インカメラフラッシュ、暗所合成により暗いシーンでも明るく撮影できます。

日本製のスマホとしてお馴染みの、テレビアンテナ付きワンセグ搭載によりテレビの視聴が可能。電子マネーやクーポンとして使える「おサイフケータイ®」にも対応しました。

そしてarrowsではお馴染みの「Super ATOK ULTIAS」を搭載し、無料でATOKの賢い変換・入力が可能なキーボードを利用できます。

ディスプレイは5インチのHD IPS液晶(1280×720ドット)、CPUはQualcomm Snapdragon 410を採用し、RAM(メモリ)は2GBROM(ストレージ)は16GBです。最大256GBの外部ストレージ(microSDXC)に対応しています。

バッテリー容量は2580mAhでそのほか防水防塵(IPX5/8/IP6X)、FeliCa、ワンセグ、GPS、耐衝撃(MIL規格)、Bluetooth 4.1、Wi-Fi(a/b/g/n)、NFCに対応。

カラーバリエーションは、「arrows M04」の標準色となるホワイト、ブラックに加えて、楽天モバイル限定カラーのゴールドmineo限定カラーのグリーンビックカメラグループ・IIJmio限定カラーのデニムブルーの全5色です。

「arrows M04」を提供する家電量販店および取り扱い会社は以下のとおりです。

  • 家電量販店(10社)
    エディオン、ケーズ、コジマ、Joshin、 ソフマップ、ノジマ、PCデポ、ビックカメラ、 ヤマダ電機、ヨドバシカメラ
  • 取り扱い会社(13社)
    AEONモバイル、IIJmio、STNet、QTnet、mineo、DMMmobile、NIfty(nifmo)、BIGLOBE、LINEモバイル、楽天モバイル

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい