Volvo、2019年以降はすべてのクルマを「EV」「HV」に 完全移行を表明したのは大手初 2021年までに電気自動車5車種を発売

スウェーデンの自動車メーカー、Volvo Cars(ボルボ・カー)は7月5日(現地時間)、2019年以降に発売するすべての車種を、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの電動車にすると発表しました。

大手自動車メーカーとしては初めて、エンジンのみのモデルの投入を完全に停止する具体的な日程を示したことになります。

Volvo Grobal Newsroom : Volvo Cars to go all electric(English)

ボルボは2019年以降に発売する全ての新モデルを完全な電気自動車(EV)かハイブリッド車(HV)とする計画を明らかにしました。環境を重視する選択をした、大きな方向転換です。

2019年より前に発売するモデルについては、ガソリン・ディーゼルカーは生産・販売を続けますが、2019年以降の新規投入は全てのモデルで完全なEV・HVになります。

ニュースリリースによれば、ボルボは2025年までに電気自動車を100万台販売する計画です。内燃エンジンを搭載しない純粋なEVは2019~2021年に5車種を発売します。EVに加え、ガソリン/ディーゼル+電気のPHV(プラグインハイブリッド車)やバッテリーとモーターを補助に使うMHV(マイルドハイブリッド車)ですべての車種を構成することになります。

伝統的な大手自動車メーカーでは、エンジンのみのモデルの投入を完全に停止する日程を示したのはボルボが初めてです。

ドイツ・フォルクスワーゲン(VolksWagen)は2025年までに300万台のEV計画を発表、BMWも「i」シリーズでEV・PHVを発売するなど、ヨーロッパの自動車大手はEVシフトを進め、日本でも日産の電気自動車「リーフ」やトヨタのPHV車などが牽引してEVシフトが進み始めています。一方で高級EV専業のアメリカ・テスラモータース(TESLA)は販売を伸ばしており、ボルボはこうした動きをとらえ、大胆に方向転換をしたとみられます。

ボルボは中国の浙江吉利控股集団の傘下に入ってから、新モデルや工場への投資を積極的に行ってきました。そうした新たな戦略の一環として、高性能EVに加えて、自動運転車の生産も可能にするような新技術も取り入れています。

同社のホーカン・サムエルソン(Håkan Samuelsson)CEOは、「(この方向転換は)単純な内燃機関の終わりを意味する」と述べています。

ボルボは6月、傘下の高性能車部門「ポールスター(Polestar)」を新たにEV専用ブランドとして立ち上げると発表。ポールスターのEVは2021年までに投入する5車種のうち2車種です。

現在EV業界を引っ張るのはテスラ日産リーフテスラはModel 3の販売を控え、日産も新型「リーフ」の発表を9月に控えています

日本国内でも電気自動車の急速充電設備が急速に整い、街中でEVを見ることも珍しくなくなりました。

私も実家のクルマが日産リーフなので、電気自動車の普及は即ち急速充電設備などの設置につながるのでとてもうれしいニュース。

今回のVolvoの「英断」により、世界の自動車メーカー、そしてこれからの購入者はどのような反応を示すのか、注目です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい