Googleアシスタントがやってきた!ホームボタン長押しで呼び出せる進化した会話形AIで何ができる?

先月29日に日本語版のリリースが開始されたGoogleの会話型AI「Googleアシスタント」。約1ヶ月を経てようやく私の手元の端末にも降ってきました。どうやら今日でほとんどのAndroid 6.0以上の搭載端末で使用可能になっている模様です。

というわけで今回は、Googleアシスタントで何ができるのか、どのように使うのか、見ていきたいと思います!

Google アシスタント公式ページ

まずはおさらい。

Google アシスタントは、Google がこれまでに培った自然言語処理の技術で、言葉を理解し、まるで人と話しているように自然に会話できる音声アシスタントです。機械学習や日本発売も決まったGoogle Homeなどの様々な製品を組み合せて適切な結果を案内してくれます。

利用方法は簡単。

Androidスマートフォンのホームボタンを長押しするか、 「OK, Google」と声をかけて Google アシスタントを起動します。

「こんにちは」と話しかければ、Googleアシスタントは「こんにちは、何かご用はありますか?」など、人と会話するように返答してくれます。

これまでは、ホームボタン長押しで画面内検索を行う「Now On Tap」が起動し、「OK, Google」と話しかけると「Google 検索」が起動していましたが、これからはそのどちらも「Googleアシスタント」に置き換わります

アラーム設定やスケジュールの登録、交通状況の確認、近くにあるカフェの場所の検索などベーシックな使い方のほか、Googleフォトに登録した写真から「北海道で撮った夕日の写真を見せて」とリクエストして探したり、Google play Musicと連携して「ランニングに最適な音楽を流して」などとリクエストして音楽を再生することも出来ます。

音声入力だけではなく、テキスト入力で利用することもできるようになっていて、電車内や図書館なんかでも積極的に利用できます。

メッセージの送信やリマインダの設定などの「タスク確認」や、フライト状況のチェックや映画が始まる時間などの「1日のサポート」、Google Play MusicやYouTubeの再生などの「エンターテインメント」、天気や交通、スポーツ情報確認などの「調べ物」などの機能も呼び出すことができ、Google アシスタントに自分の名前や好きな食べ物を教え込むこともできます。

Google アシスタントは、Android 7.0 Nougat、Android 6.0 Marshmallowに対応し、Google Playストアを搭載するすべてのAndroidスマートフォンで利用できます。時期は未定ですがiOS版も提供する予定です(アプリ内で起動)。

さて、実際に使ってみたいと思います。

アップデート後にホームボタンを長押しするとまずこんな画面になるので「続行」をクリックしてチュートリアルを終えます。

一旦ホーム画面に戻り、ホームボタン長押し/「OK, Google」発声でこの画面になります。上の矢印を押すと全画面表示で表示されます。

「何ができるの?」と聞いてみると、例の一覧が表示されます。

前述の通り、音声だけでなくキーボードで直接書き込むことも可能です。この場合も口語でOK。

そして自分のニックネームも設定可能。「自分を○○って呼んで」と言うと、呼び方を覚えてくれます。

自分の名前の発音がおかしいと思ったらそれも設定可能。

右上のメニューから「設定」をタップし、「個人の情報」をタップ。すると自宅の場所(ナビなどで使用)やパーソナル設定のメニューが出てきます。

ここで「ニックネーム」をタップすると直接ニックネームを設定でき、そして発音も設定できます。また例えば私のように漢字でニックネームを設定した場合は、英語のスペルを入力する必要があります。

「再生」ボタンで、発音を確認することも可能です。

さてさて機能を試してみましょう。

まずは定番から。「明日の天気は?」と聞くとGoogleの検索画面のように天気が表示されます。

そしてGoogleアシスタントの良いところは、次の質問の候補が表示されるところ

ここでも「週末は?」という表示がありますね。

定番の「Hey, Siri」と聞いてみると「名前を間違えていますよ!」と返事が。でも、呼んだことは認識。笑

ちなみに「コルタナさん」とか「Hi, Cortana」と聞いても、検索が出てくるだけで反応しません。MSさん可哀想。

そして「暇!」と言うと「お話しましょう!」と言ってくれます。他にも突然早口言葉対決が始まったりします。

ゲームしようと言うと、「Google Allo」のアプリでもできたチャット内ゲームで遊べます。

コチラについては過去の記事をご覧ください。

続いてスポーツについて聞いてみます。「日本代表の試合は?」と聞くと、スポーツの種類を言ってないのに「サッカー日本代表」の結果を表示してくれました。インターネット上の「日本代表」を検索し、結果の多い「サッカー」で検索してくれるみたい。やっぱり賢いです。

「私のフライトは?」と聞くと、gmailに届いている予約結果やカレンダーに登録した情報から表示してくれます。

また、フライトが近くなると便名で検索してターミナル・ゲート番号を表示してくれるようです。

翻訳も出来ます。対応言語ならAssistantの音声で答えてくれます。

もちろんリマインドも出来ます。

時刻と件名を会話の中から読み取って、自動でリマインダーが起動。

こんな感じで「保存しますか」と出てくるのでチェックマークをクリックすればOK。その時間にお知らせしてくれます。

今回から可能になった、Googleフォトとの連携。

「○○の写真が見たい」などと言うと、自分のgooeleフォト上の写真から検索してくれます。もちろんウェブ上で画像検索することも可能です。

またGoogle I/Oで発表されている、AIで画像を認識して情報を検索する新技術「Google Lens」も近日つかえるようになる予定です。

こちらについては過去記事をご覧ください。

そしてGoogle Play Musicとも連携。

「○○の曲を流して」「ランニングに最適な音楽を流して」などとリクエストして音楽を再生することも出来ます。

便利なのがこれ。ルート検索です。

「○○から××までのルート」といえばルート検索してくれるのは当たり前ですが、そのルートの詳細を言葉にしてくれます。

これは便利。イヤホンをしていても画面を見ずに案内がわかりますね。

もう一つ便利なのが「覚えておいて!」っていう機能。

リマインド的に「覚えておいて」と件名を言うと、覚えておいてくれて…

「何を覚えてる?」と聞くと、それをリスト化して表示してくれます。

何気に便利です。

というわけでGoogleアシスタントがやってきたので遊んでみました。

Siriよりもコルタナさんよりも賢くて、そしてGoogleのサービスときちんと連携しているのでほんとに便利。

これからますます出来ることが増えていくと思うので、見守っていきたいと思います。

それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい