京阪、伏見稲荷駅をリニューアルへ 伏見稲荷大社の「千本鳥居を感じられる駅」目指し今年11月完成予定

京阪電気鉄道は6月28日、京阪本線の伏見稲荷駅(京都市伏見区)の駅舎をリニューアルすると発表しました。7月上旬から工事に着手し、11月の完成を目指します。

京阪電気鉄道プレスリリース

伏見稲荷大社の千本鳥居

伏見稲荷駅は、京阪本線の深草~鳥羽街道間にある駅で、京都のターミナル駅・祇園四条駅から約9分です。駅から徒歩約5分のところには、全国各地の稲荷神社の総本社「伏見稲荷大社」があり、利用者は年間200万人(京都府資料推計)に及びます。

伏見稲荷大社は言うまでもなく「千本鳥居」で有名。外国人観光客も多く訪れ、旅行サイト「TripAdvisor」の「外国人が選ぶ日本の旅行先ランキング」で3年連続1位に輝きました。

そんな伏見稲荷大社に近い伏見稲荷駅が今回、「伏見稲荷大社の千本鳥居をイメージできる駅」をコンセプトに改良されます。

駅舎には以前から千本鳥居をイメージした朱色の列柱がありますが、新たに外壁に黒緑系の仕上げ材を用いて、朱色を際立たせます。

ホームは現在の「欄間」と稲荷にちなんだ「キツネ」の意匠を継承しつつ、「参拝への期待感や参詣後の余韻を感じていただけるような意匠」が新たに施されます。

また上下両ホームのトイレを移設するとともに面積を拡大してバリアフリー化。個室の全面洋式化や温水洗浄便座・便所除菌クリーナー・ハンドドライヤーの設置などを行います。また女性用トイレにはパウダーコーナーが設置されます。

伏見稲荷 千本いなり

既に今年から同駅構内で営業を開始しているいなり寿司専門店「伏見稲荷 千本いなり」のほか、改札外にコインロッカーや待ち合わせコーナーなどを設置し、利便性の向上を図ります。

京阪によると、工事はは7月上旬に着手。完成は11月の予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい