東海道・山陽新幹線の次世代車両「N700S」のデザインが決定 全席にコンセント、忘れ物防止の仕組みも

外観デザインについて、東海道新幹線の象徴である「白地に青」が踏襲されていますが、N700Sでは先頭の運転席近くに青い帯が追加されました。JR東海は6月28日、東海道・山陽新幹線に2020年度の営業投入を計画する次世代新幹線「N700S」のデザインを決定したと発表しました。

JR東海ニュースリリース

JR東海は昨年6月、次期車両「N700S」の外観イメージを発表していますが、ヘッドライトの部分などは未定になっていました。今回の発表で、車両内外のデザインが明らかになりました。

一見するとN700系と大きく変わらないように見えますが、JR東海によれば「基本設計から変えている」ニューモデルです。

「N700S」は、東海道・山陽新幹線において2007年に登場したN700系以来となるフルモデルチェンジ車両。「N700S」という名前は、定着している「N700」という名称に「Supreme(スプリーム:最高)」を意味する「S」をつけたもので、N700系シリーズ中で最高の新幹線車両であることを表しているといいます。

先頭形状がよりシャープになってLEDライトを初採用

外観でまず異なるのは先頭車の形状。現行のN700系の「エアロダブルウィング」形をさらに空力的に進化させ、左右の両サイドにエッジを立てた「デュアルスプリームウィング」と呼ばれる形になりました。同社の小牧研究施設における技術開発の結果、左右両サイドにエッジを立てた形状とし、走行風を整流することで、微気圧波や車外騒音、走行抵抗、最後尾車動揺を低減。さらなる環境性能向上を図っているといいます。

これにより、トンネル出口から放射されるパルス状の圧力波、いわゆる「トンネルドン」とよばれる破裂音を抑えられました。

そしてヘッドライトは、新幹線で初めてLEDライトを採用。省エネルギー化、照度向上、長寿命化を実現しているほか、先頭形状を生かして前照灯のサイズを20%拡大することで照射範囲を広げ、視認性向上を図っているそうです。

また外観デザインについては、東海道新幹線の象徴である「白地に青のライン」が踏襲され、N700Sでは先頭の運転席近くに青い帯が追加されました。

全席にコンセント、「忘れ物防止」の新機能も

普通車の座席イメージ

今回明らかになったN700Sの車内デザイン、特徴はグリーン車はよりゆとりある空間に、普通車はより機能的になった点です。

客室は、側面パネルとの一体化により広い空調吹き出し口を確保。室内温度の均一化が図られます。

照明はLEDの間接照明で、天井の形状を工夫することで車内の明るさを均一化。

さらに停車駅に近づいた際、荷棚の照度を上げて乗客に荷物への注意をうながす機能も用意されます。停車駅やニュースが掲示される車内テロップにはフルカラー液晶を採用。画面サイズも50%拡大され、視認性も向上します。荷物の置き忘れがないよう荷物棚が光り、さらにテロップや音声アナウンスと連動することで忘れ物防止・乗り過ごしを防止します。

グリーン車の座席イメージ

座席も変わり、現行車でグリーン車全席と普通車の窓側席などに設置しているコンセントを普通車でも全席に設置するほか、グリーン車のリクライニングシートは回転の中心を足のくるぶしとすることにより、太もも裏側への圧迫感を減らして長時間の乗車でもより快適になるといいます。グリーン車のフットレストは約25%大型化しながら足元スペ―スが15%拡大しました。

普通車も背もたれと座面が連動したリクライニングシートになり、より快適な座り心地を実現。

また異常時の利便性も向上。小型大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載し、これまで停電時は使えなかったトイレが一部(11号車・3号車)で使用可能になります。

JR東海では、N700Sの確認試験車を2018年3月に完成させる予定。技術の最終確認を行った後、2020年度には営業運転への導入を目指す方針です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい