Facebook、月間アクティブユーザーが20億人を突破 世界最大のSNSは なお成長 全盛期が過ぎたかというのは愚問だ

Facebookは6月27日(現地時間)、同ネットワークの月間アクティブユーザー数が20億人に達したことを発表しました。

Facebook Japan Newsroom

これはFacebookの創業者でCEO(最高経営責任者)のMark Zuckerberg氏が自身のFacebookに投稿したもの。

「今朝の時点でFacebookが作り出すコミュニティが公式に20億人に達しました!」との喜びの報告には26万を超える「いいね!」が集まっています。

月間利用者数が20億人を突破したFacebookは、毎日8億人もの利用者が「いいね!」1億7500万人が「超いいね!」をし、毎月10億人が何かしらのグループを使っているとのこと。

アジアに限定しても、毎日4000万人ものユーザーが「超いいね!」、毎月4億人が何らかのグループを使っているといいます。

なお、Facebookは月間利用者数20億人突破を記念して、ユーザーが投稿に「超いいね!」したり、誕生日のお祝いメッセージを投稿したりすると、Facebookからの感謝のメッセージがニュースフィードに表示されるという新機能を搭載しました。

ユーザーひとりひとりに向けた「パーソナライズドビデオ」もニュースフィードに配信され、自身のニュースフィード、またはウェブサイトwww.facebook.com/goodaddsup. で見ることが出来ます。

Facebookの全盛期が過ぎたかというのは愚問だ

スタートしてから13年、ユーザーが10億人を超えてからわずか5年で倍増して20億人が利用するようになりました。

世界人口は71億人なので、月間アクティブユーザーだけで世界人口の約30%にあたる計算です。

これは、Facebookがやはり世界で最も人気の高いソーシャルネットワークであることを表しています。

ますます規模を拡大するFacebookのコミュニティーによって、広告プラットフォームとしてのFacebookの価値、そして人々がニュースとアイデアを共有する場所としてのステータスも実証しています。

ユーザー20億人というのはSNSとしてはYouTubeの15億人を上回って世界最大。他のSNSをみると、WeChatは8億8900万人、Twitterは3億2800万人、Snapchatは推定2億5500万人です(TechCrunch Japan)。10億を超えているのはYouTubeとFacebookだけ

Facebook傘下のWhatsAppとFacebook Messenger(過去記事)はともに12億人、Instagramは4月に7億を越してさらに急成長しているので近く10億人の仲間入りをすることになるでしょう。ちなみにStatistaによると、Twitterの月間アクティブユーザー数は2017年第1四半期末時点で3億2800万人でした。

しかし数字や統計よりもはるかに重要なのはFacebookが持つ巨大な社会的インパクトでしょう。

前述の通り、Facebookでは現在「グループ」の利用者がとても増えているといいます。

Facebookはユーザーが「グループ」を使うことで、SNSならではのコミュニティが形成されることを望んでおり、「コミュニティづくりを応援し、人と人がより身近になる世界を実現する」(Give people the power to build community and bring the world closer together)ことを同社の新たな使命としています。

実際、Facebookのグループを使って気候変動や公衆衛生問題について取り組むコミュニティなどが誕生しており、世界を変えるような運動も様々Facebookからスタートしています。

TwitterやWeChatなどよりもはるかに強大な力を持ち、他を退けてしまったFacebook。

「日本では下火になった」「アメリカのティーン・エイジャーはFacebookをクールだとは思っていない」などと言われていますが、この数字をみても、世界への影響はまだまだ絶大なものであると言えそうです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい