Fossil Qを買ってみた!オシャレなAndroid Wearスマートウォッチ、その実力は【レビュー】

【1年間使用レビューはこちら!】

昨日Amazonさんからいつものようにお荷物が届いて、私の初めてのスマートウォッチ「Fossil Q」が届きました!

まずは開封・設定・スペックをレビューします!

ちなみに今回はAndroid端末で設定しています。(iPhoneにも対応)

いざ開封の儀!

dsc_0839

まず箱はこんな感じ。普通に時計を買うときと同じような箱ですね。

dsc_0840

箱を開けると一番初めにQが登場!

箱の中身は非常にシンプルです。本体と付属のベルト、非接触型の充電ケーブル、そしてクイックスタートガイド(日本語を含む多言語対応)のみ。dsc_0842

こちらの非接触型の充電ケーブルですが、付属品は1本のみ。「修理対応」という形で新品のケーブルを別途取り寄せることができるとのことです(ascii.jp)。その際の費用は3240円だそうです。

さて、設定。。

dsc_0843

まずは充電です。時計部分の裏がマグネットがつく構造になっているので、そこに非接触の充電コードをくっつけて充電開始です。

dsc_0844

ケーブルをくっつけると電源が入ります。

ただし箱から出した状態では、充電は2%ほどなので、設定を開始するには20%まで充電する必要があります。

dsc_0845

そして20%まで充電したら(ここまで約20~30分でした)

dsc_0846

こうなって…

dsc_0847

スマートフォンで「Android Wear」アプリを立ち上げると、自動で接続され、ペアリングすると同期を開始します。

dsc_0849

そして同期が終わると自分でウォッチフェイスを設定して、初期設定をいろいろしたら…

完了です!

09_300x474

Fossil QではFossil Q専用アプリを使うと、スマートウォッチの文字盤のデザインを変更できます。(正直これ以外に使い道はない)

ちなみにウォッチフェイスは先ほど設定に使ったAndroid Wearアプリ(上記画像)や、スマートウォッチ上で文字盤を長押ししても変更できます。

スマホがAndroid端末ならば、その数なんと17種類! Googleのプリインストールのものを含めば、初回起動時から20種類のウォッチフェイスを選べるわけです。

もちろん時計メーカーだけあって、Fossil Qでしか利用できない文字盤デザインがあってかっこいいです!

ちなみに文字盤を長押ししてひらく文字盤ごとの設定画面では、Digitalならダイヤルカラー(背景色)、デジットカラー(時間を表す数字の色)、デイカラー(曜日の色)や、Classicなどなら、針の下に表示されるウィジェットを国際時計にしたり天気にしたり曜日日付、そして電池残量などに変更でき、時計の24時間表示なども設定可能です。

「おしゃれだけのスマートウォッチ」とあなどっていると、どんどん深みにはまっていくパターンですね。

「オシャレ」だけではないスペック

 

1 2

9月4日に発売が開始されたのは「Qワンダー」を4モデル、「Qマーシャル」を同じく4モデル、計8モデル。

基本スペックもおさらいしてみると、ケース厚13.5mm(Qマーシャルのみケース厚14mm)、ケース径は46mmで、22mm幅のストラップであれば一般的な時計のバンドと付け替え可能。もちろん、フォッシルは時計メーカーだけあって、付け替え用のストラップを販売しています。こちらは値段が3000~5000円程度で、夏はシリコンバンド、冬はメタルバンド、なんて使い方もできそうです。

ディスプレーは直径38mm(実測値)の円形で、モトローラ製スマートウォッチ「Moto 360」と同じように、下部が少し欠けています。

CPUは最新のSnapdragon Wear 2100。メモリーはなんと4GB。Wi-FiはIEEE 802.11 b/g/n対応で、バッテリーは360mAhで最長24時間持つとしています。Android Wearの最新安定版である1.5.0(Lollipopベース)をプリインストールしています。

対応端末はAndroid OS4.3以降/iOS8.2以降(iPhone 5以降)。

また、ペアリングするスマホがAndroid端末であればハンズフリー通話に対応しているため、本体側面にはスピーカーとマイクが備え付けられています。(iPhoneは残念ながら非対応)

そう、内臓スピーカー!つまりMoto360 2Genなどにはないスピーカーが備え付けられているので、スマートウォッチ上で音楽を再生する、何てことも可能。

もちろんBluetoothイヤホンに時計から接続して、音楽再生もできます。

そして当たり前ですが、防水防じん性能に対応しているので(IP67相当)、雨が降っていても使えます。

価格は3万9960円。ちなみになんですが、Fossilの公式サイトでは、Qマーシャルのステンレスブラックはなぜか消えています。僕はAmazonで購入しました。(このモデルと、Qワンダーのローズゴールドだけ4万2120円です)

おわりに

というわけで今回はFossil Q、開封・設定編をお届けしました!

またしばらく使ってみて、感想や使い方、Android Wearにおススメのアプリなんかを紹介していきます!

ちなみに1日だけ使ってみましたが、最高です。

【1年間使用レビューはこちら!】

それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい