モトローラ、モジュールで機能拡張できるスマホ「Moto Z2 Play」を6月29日発売 無線充電、ゲームパッドなど新Modsも

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Moto Z2 Play」6月29日に発売すると発表しました。

背面に装着して機能を拡張できる「Moto Mods」は新たに新製品を追加します。

Motorola Japan – Moto Z2 Play

「Moto Z2 Play」は、Motorolaのフラッグシップシリーズ「Moto Z Play」の後継モデルで、厚みは1mm薄くなり、20g軽量化。CPUやメモリー(RAM)も強化されています。

もちろん、Moto Zシリーズの大きな特長であるMoto Mods拡張モジュールにも対応し、カメラやバッテリー、スピーカーなどの機能を簡単に強化できます。

ボディはオールメタルで、筐体サイズを薄型軽量化。ディスプレイは先代と同じく5.5インチのフルHD液晶(1920 x 1080) で、スーパーAMOLED・Gorilla Grassを採用しています。

メインカメラは1200万画素・F1.7の明るいレンズを採用し、デュアルピクセルAF+レーザーAFにも対応。従来モデルに比べてピクセル数が 10 倍に増大し、写真の画質が大幅に向上したとしています。動画撮影も4K撮影に対応します。またインカメラは500万画素、F2.2のレンズを搭載しています。

ユーザーの直感的な操作でさまざまな機能を利用できる独自の「motoエクスペリエンス」も強化され、手首をひねってカメラを起動したり、振り下ろしてライトを点灯したりできるほか、指紋認証センサー上でのフリック操作、ブルーライト低減ディスプレイ表示などにも対応しています。

プロセッサQualcommのSnapdragon 626(2.2GHz、オクタコア)で、RAM(メモリ)は4GB、内蔵ストレージは64GBです。外部ストレージとして、最大128GBまでのmicroSDXCカードを利用できます。

OSはAndroid 7.1.1。OSアップデート保証として、次期バージョンの「Android O」へのバージョンアップが保証されています。

対応する通信方式・対応バンドは、GSM/GPRS/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)、UMTS/HSPA+ (850, 900, 2100 MHz)、4G LTE (B1, 3, 5, 8, 40)。

SIMカードスロットはnanoSIMカードスロット×2で、DSDS及び4G+3Gの同時待受に対応しています。

その他、無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/n、GPS、Bluetooth、NFC、FMラジオ、指紋センサー(背面)を搭載。バッテリー容量は3,000mAhで、充電端子はUSB type-Cです。

本体サイズは約156.2×76.2×5.99(最薄部)mmで、重さは約145g。ボディカラーはルナグレー、ファインゴールド、ニンバス(シルバー)の3色です。

Moto Z2 Play本体の発売は6月29日で、価格は5万3800円(税別)です。

Moto Zシリーズの大きな特徴であるMoto Modsにももちろん対応。

従来のMoto Zシリーズ対応の各種Moto Modsに加え、バッテリー持続を1日近く延長するというTurbo Powerパックと、最大10Wの充電能力を備えるワイヤレス充電キャップをMoto Z2 Play発表にあわせて用意しました。

「Turbo Powerパック」3490mAhのバッテリーを内蔵したもので、バッテリーの駆動時間を1日近く延長すると謳うもの。スマートフォン本体のバッテリーを急速充電できるほか、スマートフォン本体の電池を常に8割程度に保つ効率駆動モードも搭載。発売は7月1日で、価格は9800円です。

「ワイヤレス充電キャップ」はワイヤレス充電のための背面カバーで、急速充電規格「Qi」に準拠した最大10Wでの充電が行えます。カラバリはキャッツアイ、グレー、フラワーデジの3色。7月中旬に発売し、価格は4680円です。

また今夏中にも、横向きで左右にコントロールスティックやボタンがつく「Moto Mods ゲームパッド」も発売する予定。2つのスティック、デジタルパッド(方向キー)、4つのボタンを装備し、ヘッドホンジャックやバッテリーも搭載されます。(何処かで見た感じ…)

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい