LINE、トヨタと音声AI「Clova」で提携へ ファミリーマート・伊藤忠の新プロジェクトにも参画で業務提携

LINEは6月15日、1年に一度開催する大規模カンファレンスLINE CONFERENCE 2017にて同社の音声AIプラットフォーム「Clova」を使ったコネクテッドカー領域において、トヨタ自動車と基本合意書を締結したと発表しました

また併せて、Clovaとファミリーマートとの連携も発表。ファミリーマートと伊藤忠商事が進める次世代コンビニプロジェクトにLINEが参画するということです。

LINEプレスリリース

【LINE CONFERENCE 2017関連記事】

トヨタの「SDL」とLINE「Clova」を連携

今回発表したのは、トヨタ自動車が推進しているスマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソース「SDL」と、LINEの独自AIプラットフォーム「Clova」との連携です。(Clovaについての詳細はこちら

「SDL」を利用すれば、車載の音声認識機能や操作パネルを通じて、車内でのアプリを操作が可能。さらに自動車会社がスマートフォンのアプリを、自社の車載システムの特性やインターフェースに合わせて、より安全・快適に利用できる形で提供することができます。

SDLを介してスマートフォンとナビゲーションシステムが連携することで、必要な操作は全てナビゲーションシステム上で可能に。運転中にスマートフォンを操作する危険行為は、もう必要ありません。クルマに悪影響を及ぼすアプリケーションはブロック。車載ディスプレイでスマートフォンの操作を可能にすることで、よそ見を防止します。

もちろん、ネットワークと接続するクルマは利便性を享受する反面、不正アクセスの心配も。SDLは不正な外部アクセスをシャットダウンし、クルマの安全をサポートします。

LINE「Clova」の連携によって、LINEの音声の読み上げや返信のほか、Clovaが提供する機能をクルマでも利用できるようになります。例えば、Clovaが音声読み上げをしている際でも、急加速・急発進時には読み上げを中止。運転に集中できるようになっています。クルマに悪影響を及ぼすアプリケーションはブロックし、クルマの安全を守っていきます。

SDLの開発は、トヨタとフォードがコンソーシアムを立ち上げ、マツダやスバルなどの自動車メーカー、パイオニア、パナソニックなどのさまざまなコンテンツプロバイダが参画しています。

コミュニケーションプラットフォームである「LINE」と「SDL」との連携でどのようなカーサービスが提供されるのか注目です。

新しいカーサービスは、2018年の商品化を目指して進めていくということです。

ファミリーマートの目指す次世代店舗で「Clova」など各種サービスを連携

LINEは、同カンファレンスでファミリーマートと伊藤忠商事が取り組む次世代店舗において、クラウドAIプラットフォーム「Clova」をはじめとしたLINEの各種サービスを連携させ、新製品・新技術・新サービスの開発を協力して推進する業務提携に3社が合意したと発表しました。

LINEのAIプラットフォーム「Clova」をはじめとする各種サービスを連携させ、新製品、新技術、新サービスの開発に協力。海外展開推進も検討するということです。

カンファレンスで公開されたコンセプトムービーでは、こんな未来図が紹介されました。

自宅にClova対応のスマートスピーカー「WAVE」を設置したユーザーが、家を出ようとすると「WAVE」は「サンドイッチを買い忘れないように」と音声で通知。自動車で外出すると、カーナビが近くにあるファミリーマートの店舗を通知し、店舗を訪れてコンビニの入り口でLINEをかざして入ると、個人に合わせて、商品のレコメンドやキャンペーンが表示。決済はLINEの決済サービス「LINE Pay」を使い、レジを通らずに終わらせられ、コンビニもAIにより商品の売れ行き予測を行い、作業や発注を進め、より効率のいい販売ができている…

という未来のコンビニの姿です。

ファミリーマートの澤田貴司社長は「コンビニにとって一番重要なのは、コンビニで働いている人たちが笑顔でいること。最終的に地域貢献や社会貢献にもつながっていく。そんな次世代のコンビニを出澤社長と一緒に作っていきたい」と話しました。

ファミリーマートは国内外で約24,000店を展開しており、小商圏における生活インフラとしてお客さまの気持ちにいちばん近いコンビニエンスストアを目指しています。今後はAIやIoTを積極的に活用し、よりお客さまとの心の通い合ったコミュニケーションに注力できる「次世代店舗」の構築に、様々なステークホルダとともに取り組んでいく、としています。

3社の取り組みが具体的にどうなるか、15日の段階では詳細は明らかにされませんでしたが、LINEの出澤剛社長は、近日、あらためて説明するとコメントしています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい