LINE、独自AI「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」「CHAMP」「FACE」を発表 WAVEは今夏に1万5000円で発売

LINEは6月15日、1年に一度開催する大規模カンファレンスLINE CONFERENCE 2017にて、音声AIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカ「WAVE」の価格と発売時期を発表しました。

「WAVE」はMWDC2017で発表されたLINEのスマートスピーカーで、これに加えて「CHAMP」「FACE」という2種類のスマートスピーカーも発売することが決まりました。

MWDC2017発表時の記事

Clova公式サイト

LINEプレスリリース

【LINE CONFERENCE 2017関連記事】

Waveは、LINE独自のクラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載するスマートスピーカー。

サイズは86.25(幅)×139.84(奥行き)×201.05(高さ)ミリで、重量は998g。リビングやベッドルームに置いても場所を取らない大きさ(LINE、舛田氏)です。

スピーカーとしての音質にもこだわり、低音用に2.5インチの20Wウーファーを、高音用に1インチ4Wのツイーターを2つ搭載。集音用マイクには、CNEXANN社のマイクを搭載します。

さらにプロセッサはQualcommの1.3GHzクアッドコアを搭載し、スムーズな動作が可能となりそうです。

上部に音量調整や電源ボタンなどを搭載し、声無しでの曲操作もできるようになっています。

さて、何ができるのかですが、Google HomeやAmazon Echo、Apple HomePodsと同様に、音声応対が可能。

例えば、Waveに「Clova」と話しかけると音声認識が起動。「今日の天気は?」「1時間後にアラームをセットして」などと話しかければ、その内容に応じてカジュアルな会話が可能です。

中核に据える機能は「ミュージック」。Waveのユーザーは約4000万の楽曲が聴き放題で、ユーザーの楽曲データベースやプレイリスト、ランキングなども学習し、好みに合った楽曲を選曲してくれます。「今日の天気に合わせた曲をかけて」なってリクエストも可能です。

もちろん、LINEとも連携し、LINEのトークメッセージの読み上げや返信が声でできます。

LINE NEWSとも連携し、毎日のニュースも教えてくれます。そのほか、カレンダーやTo Do管理、夕飯の買い物リストも、話しかけるだけで音声メモとして残してくれます。

そしてスマートホームデバイスとしての利用も可能。声で話しかけるだけで、赤外線で操作する家電のON・OFF操作が可能です。

「Clova、テレビを消して」「電気を消して」などといえば、遠隔で操作できます。日本の主要家電メーカーを含めた、2000メーカーの製品に対応するということです。

そのほか、今後、操作可能な機能を随時拡大していく予定としています。

日本での販売開始は今秋、15,000円(税別)で発売されます。

なお、正式販売に先駆け、「MUSIC」機能に絞った形での先行版を今夏に10,000円(税別)で販売予定です。先行版は正式版販売と同じタイミングで正式版と同じ機能にアップデートされるということです。

さらにカジュアルなデザインの「CHAMP」、ディスプレイが付いたタイプの「FACE」も投入予定。

LINEキャラクターをモチーフとしたClova搭載スマートスピーカー「CHAMP」は、「WAVE」よりもカジュアルで、手軽に持ち運ぶことが可能。もしかしたらSIM入りかも…?

またClova搭載でディスプレイを備える「Face」についても開発を進めているということです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい