Microsoft、最小サイズで史上最高スペックのゲーム機「Xbox One X」を発表 499ドルで11月発売 独占タイトルの新作も続々

Microsoftは、世界最大のゲーム見本市「E3 2017」の中で開催したイベントで、次世代ゲーム機「Xbox One X」を発表しました。

2016年のE3で開発中であることを明かしていたコードネーム「Scorpio」として知られるもので、「Xbox One X」の発売時期は11月7日、販売価格は499ドル(約5万5000円)です。

Microsoft Xbox One X(English)

Xbox One Xは2013年発売のXbox Oneやスリム版 Xbox One Sと互換性を保ち、SONYのPS4 Pro をも超える高性能GPU や12GB広帯域GDDR5メモリ、ヴェイパーチャンバー液冷といったハイスペック次世代ゲーム機です。

前述通り、2016年E3での初披露から「Project Scorpio」として知られてきましたが、正式名称は「Xbox One X」となりました。

全ゲーム機史上でもっとも高性能を謳い、さらにXbox史上最小の新ハードに。発売時期は11月7日、販売価格は499ドル(約5万5000円)です。

Xbox One Sから40%以上マシンパワー増

Xbox One S同様、4KムービーやHDRゲームに対応。本体もXbox Oneを40%小型化したサイズで小さくなりました。

2160pのフレームバッファをサポートすることにより4K/60FPSでのゲーミング体験が可能。

マシンパワーはXbox One Sの40%以上で、グラフィックの処理速度は6テラフロップメモリ帯域幅は326GB/秒12GBのGDDR5グラフィックメモリ、1TBのストレージを搭載しているので、圧倒的な処理速度でゲームプレイが可能。

4Kゲーム向けに設計されたゲーム機なので、4K・60fpsという脅威の画質でのゲームプレイをストリーミングおよび録画することもできます。

ゲームだけでなく、4K Ultra HD Blu-rayや4Kビデオのストリーミング再生が楽しめる点や、100本を超えるXbox Oneゲームや300本を超えるXbox 360ゲームと互換性があり、それらをプレイできる点、既存のXbox Oneアクセサリーを使用できる点などは変わりありません。

フルHDのモニターでも、高解像度に描画してからスケールするスーパーサンプリングで画質が向上し、美しい画面でゲームの世界に没頭できます。

PS4 Proを越える最高スペックのゲーム機

Xbox One Xのグラフィック処理速度は6 TFlopsですが、ライバル機となるPS4 Proは4.2 TFlopsGPUの動作クロックはXbox One Xが1172MHzで、Xbox Oneは853MHz、PS4 Proは911MHzです。

Microsoftは既存の900pや1080pのXbox Oneゲームも、Xbox One Xでネイティブな4K画質のゲームとしてプレイできるようになるとしていて、PS4 proよりも上に立ちました。

価格は499ドル(約5万5000円)で、発売は11月7日。日本での発売はXbox One /One Sのときのように遅れる可能性もありますが、2017年ホリデーシーズンの登場は間違いないようです。

新作ゲームラインナップ

Forza Motorsport 7

Xbox E3 ブリーフィングで最初に紹介されたのは『Forza Motorsport 7』。美しい天候表現の中でレーシング体験。4Kのすごさが垣間見えます。作中には700以上の車が登場。

さらにE3会場にPorscheの911 GT2RS 2018年モデルが登場。会場も盛り上がりました。

10月3日に発売予定です。

Metro Exodus

「最終戦争」により地上が汚染され、人々がメトロで生活する世界を描いたドミトリー・グルホフスキーの小説を元にした『Metro Exodus』。過酷な未来を描いた小説と同名のゲーム作品の続編となるのが本作です。

4K解像度とHDRに対応し、発売は2018年を予定しています。

Assasin’s Creed Origins

『アサシンクリード』の新作はエジプトを舞台にブラザーフッドの起源を描く作品。まるでドローンを使っているかのように鷹の視点で偵察したり、ピラミッドを滑り降りたり。

発売は10月27日の予定です。

Playerunknown’s Battlegrounds

PC版で300万人ものプレイヤーがいるという大人数バトルロワイヤルゲームがXboxから登場。100人でバトルロワイヤルを繰り広げる、大人数参加型オンラインゲームです。

State of Decay 2

ゾンビサバイバルホラーゲーム「State Of Decay」の続編です。拠点を作成し、防衛。ゾンビに溢れた世界でどう生き残るのか。オープンワールド型のゾンビゲーム『STATE OF DECAY2』、発売は2018年春の予定です。

Minecraft

PCでもスマホでもSwitchでも。大人気のブロックワールドゲーム「マインクラフト」はアップデートされてXboxで登場。モバイル、VR、PC、コンソールなど全てでクロスプレイが可能に。コミュニティーマーケットプレイスや、巨大コミュニティーコンテンツサーバー、4Kアップデートに「Super Duper Graphic Packs Pack!」も。2017年の秋に登場です。

Sea of Thieves

謎めいた宝の在り処を解き明かし、海賊仲間と難破船や宝島からお宝を担ぎ出す「SEA OF THIEVES」。大砲で船を攻撃してくる骸骨兵を倒したり、船同士の海上戦や相手の船に乗り込んでの戦いも。

Play Anywereタイトルで、Xbox OneとWindows 10でプレイ可能。2018年初頭予定です。

The Last Night

超緻密なドット絵で描かれる、「サイバーパンク」をテーマにした『The Last Night』。2Dなピクセルアートが3Dで4Kで。美しくカッコイイオープンワールドの世界でさまざまな楽しみかたができる作品となっています。

Crackdown 3

映画『エクスペンダブルズ』でおなじみテリー・クルーズがハイテンションに紹介するオープンワールドアクションシリーズ『Crackdown(ライオットアクト)』最新作。街を舞台に大爆発、車を投げたりのハチャメチャ。11月7日発売予定です。

Life is Strange 2: Before the Storm

もしも時間を巻き戻せたら、という「バタフライ効果」がテーマのドラマ型ゲーム『Life Is Strange』。全3エピソードで最初のエピソードは8月31日配信予定です。

Shadow of War

『指輪物語』の中つ国を舞台にした『シャドウ・オブ・モルドール』の続編。強い敵を仲間にし、彼らを率いて敵の城を攻略。オープンワールドの3Dアクションゲームです。発売は10月10日です。

Ori and the Will of Wisps

ファンタジックで絵画的な世界観で、英国アカデミー賞受賞歴もある『Ori and the Blind Forest』の続編。自然風景の映像美、探索に重点をおいたゲームプレイ、そして恐ろしいほどの高難易度で話題を再び呼びそう。Xbox One、Windows 10の独占ゲームです。

ANTHEM

EA(Electronic Arts)の新作のアクションRPG『ANTHEM』は、主人公が「エクソスーツ」を身にまといミッションへ臨む姿。「アイアンマン」や「タイタンフォール」のタイタンを想起させる未来的なRPG。ジャングルのような光景に、水中も広そうな巨大なオープンワールドが舞台で、動物的なクリーチャーの他に、知的生命体も。

以上がE3で発表された新作たちの一部です。

上記の作品以外にも、日本の『Dragon Ball Fighter Z』、バンダイナムコのアクションRPG『CODEVEIN』などが登場予定。

今回紹介された42作品中22作品は独占タイトルで、他にも『Gears of War 4』、『Halo Wars 2』、『Forza Horizon 3』、『キラーインスティンクト』、『マインクラフト』、『ファイナルファンタジーXV』、『バイオハザード7』、『The Witcher 3』など30以上のタイトルが無料で4Kアップグレードされる予定だと発表。

Microsoft Xboxにもコンソールで勝機は訪れるのか。楽しみです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい