JR東海「ハイブリッド式」の次期特急車両を開発へ 最高時速120km/hで2022年量産デビュー予定

JR東海は6月7日、同社初となるハイブリッド方式を採用した次期特急車両(試験走行車)を新製すると発表しました。2019年末に試験車を完成させる予定で、2022年度の量産車導入を目指すします。

JR東海二ュースリリース

85系気動車を取替えへ

「ひだ」「南紀」で使用される85系気動車

JR東海が今回ハイブリッド車両を導入するわけは、現在在来線で運行している特急「ひだ」「南紀」に使用する85系気動車の取替えです。

開発するのは、エンジンで発電した電力とブレーキ時にバッテリーに貯めた電力を組み合わせてモーターを駆動するハイブリッド車両

特急「ひだ」「南紀」は、高山本線・紀勢本線の非電化区間を走り、キハ85系特急形気動車が使われていますが、キハ85系はまもなく30年を迎えます。そのためキハ85系の置換のため「次期特急車両」を新製するとしています。

エンジンで発電、ブレーキで蓄電するハイブリッド車

次期特急車両は、エンジンで発電した電力と、回生ブレーキにより発生した電力を併用して走るハイブリッド式。加速時にはエンジンで発電した電力を使ってモーターを回しますが、蓄電池にためた電力も必要に応じて使用し、高速走行を実現します。現行車両1両につき2台搭載しているエンジンは1台に削減します。

駅停車時にはアイドリングストップ機能によりエンジンを停止。空調や照明などで使う電力は蓄電池から供給します。

これらの技術により、燃費は約15%向上気動車特有のギアチェンジも解消され、乗り心地が向上するといいます。モーターなど電車と同じ機器を採用することで保守時の負荷軽減やコスト低減も図ります。

営業運転での最高速度は、ハイブリッド方式の鉄道車両としては国内初の120km/hを目指します。

JR東海によると、まず2019年までに試験走行車として4両(4両編成1本)を新製。基本性能試験や長期耐久試験などを行った後、量産車は2022年度の導入を目指します。

量産車投入を見据え、85系と同様JR東海のイメージカラー「オレンジ」をあしらった車両デザインで、旅客サービス設備やバリアフリー設備等を充実。現行車両よりも快適性と利便性を向上させます。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい