[WWDC 2017] Apple、モバイル新OS「iOS 11」、「Watch OS 4」を発表 ARにSiriの言語翻訳、コントロールセンターのカスタマイズなど大幅に変更

Appleは6月5~9日(現地時間)にかけてアメリカ・サンフランシスコで、開発者向けカンファレンス「WWDC 2017」を開催し、その基調講演で様々な新デバイスのほか、新たなiOSデバイス向けの新OS「iOS 11」を発表しました。

今回は発表された新OSの新機能などをみていきたいと思います。

新mac OSやWatch OS 4、新iMac ProやiPad ProなどWWDC関連記事はこちら

Apple Japan

iPadやiPhoneなどAppleのモバイルデバイス向けの次世代OS「iOS 11」はアプリの機能強化などだけでなく、Siriの言語翻訳機能、UI構成が一新されたコントロールセンター、機械学習やAR用APIなどかなり新機能が盛り込まれます。

対応する端末はiPhoneは5s以降、iPadはAir以降と第5世代iPad Pro全モデル、iPad mini 2以降、iPod Touch第6世代のみとなります。

App Storeはデザイン一新

最初の画面が「Today」に変更され、インターフェースはタブ中心に。たとえば「Gameタブ」ではゲームだけのランキングが表示されるなど、よりカテゴライズされた表示でアプリを探せます。アプリそれぞれの紹介ページでもレビューや動画が見やすくなり、トップ画面の「Todayタブ」では、今日のおすすめアプリが解説や動画付きで紹介されます。

コントロールセンターはカスタマイズ可能な新デザインに

iOS11では、コントロールセンターが整理され、今までいろんな設定と音楽再生がふたつの画面に分かれていたのがひとつに統合されます。レイアウトが大きく変更され、ユーザーによるカスタマイズも可能となり、3D Touchが使える機種ではプレス操作によってツールが拡大。画面の明るさや音量のコントロールは、タテ型のスライダでできるようになります。

また今まで別ものだった通知センターとロック画面もひとつに統合され、従来は通知を見るために横に移動してたのが、上下スクロールで可能になります。

Siriは言語翻訳に対応してバックグラウンドで学習

Siriにももちろん新機能が搭載。iOS 11ではベータ版となるものの、英語の発声をリアルタイム翻訳する機能を搭載。中国語やフランス語、ドイツ語などへの翻訳が、翻訳アプリを必要とせずに可能となります。(日本語は現時点で未対応)

Apple Musicとの連動も強化され、「あなた専用のDJ」とする新機能が。Apple Musicで聞いた曲の好みをSiriがバックグラウンドで学習することで、Siri経由での音楽再生では、Siriが推定した好みの曲を掛ける設定が可能になります。

また、アシスタントとしての機能も向上し、Apple Musicのみならず、キーボードなどの入力もSiriが学習することで、ユーザーが見たり入力した映画や音楽、場所といった単語を提案します。Siriはユーザーの居場所やSiriに聞いたことの履歴を元に、ユーザーのニーズを先読みする機能も新搭載。メッセージで回答の候補を表示するなど、バックグラウンドでSiriが動作するようになります。

カメラはLive Photosの長時間露出エフェクトが可能に

iPhoneやiPadのカメラアプリでは、Live Photosの長時間露出エフェクトという新たなフィルターが導入されます。今まで一眼レフカメラでしか得られなかったようなフィルター効果で、星の軌跡や滝の流れの神秘を再現できます。

またLive Photosはトリミングが可能になり、短い動画のどのコマを静止画として使いたいかを選択できるようになります。またループ再生やバウンズ(逆戻し再生)に対応して楽しめるようになりました。

そして限られた本体ストレージを有効活用すべく、iOS 11では新たな圧縮スキームとして静止画には「HEIF」、動画には「HEVC」が使用可能に。従来より効率よくデータを圧縮でき、現在のH.264やJPEGより効率的な圧縮が可能になることで、画質を保ったままファイルサイズを効率的に減少できます。

iMessageは複数端末でメッセージ同期が可能に Apple Payの個人間送金も

リニューアルされたiMessageでは、iOSやmacOSなどを搭載した複数端末間でメッセージの履歴が共有できるようになります。共有はiCloud上で行なわれるので、デバイスのストレージ容量は圧迫しません。

そしてApple Payでは個人間送金が可能になります。送金に利用するのはiMessageアプリ。金額を設定して送金を済ませることができ、Touch IDでセキュリティを高めることも可能です。支払いを受け取ったら、「Apple Pay キャッシュ」アカウントで受領し、他の人への支払いや、App Store及びアプリ内の購入に使用できる他、銀行口座への振り替えも可能となっています。

新しい「マップ」は屋内マップを新搭載

新しくなる「マップ」アプリは東京など世界11都市で、地下施設や空港、ショッピングモールなどの詳細なマップデータが収録されるようになります。ここはGoogleマップが先行して行っていますが、ようやく追いついて幅広く使えるように。

またアメリカではカーナビとして使用する際、速度制限表示や車線情報なども表示されるようになりました。

ディベロッパー向けに「ARkit」と機械学習用「CoreML」が発表

iOSでは初となる、ARアプリのフレームワーク「ARKit」がディベロッパー向けに追加されます。

これまで現実の背景との合成などで複雑な処理が必要だったARアプリを、開発者がより素早く作れるようになります。iPhoneやiPadのカメラとセンサ、ジャイロスコープといったハードウェアを総動員してAR体験を可能にします。

デモでは、Niantecが制作したPokémon GOのARKit版が披露され、実際のアプリと比べてもより緻密な処理となっています。

合わせて、フレームワークとして機械学習用の「Core ML」も発表。機械学習を使い、ユーザーが使うほどに学習して賢くなるタイプのアプリケーションを、比較的容易に開発できます。

iPadではさらなる新機能が

新登場!ファイル管理アプリ「Files」

ついにiOSに純正ファイル管理アプリが登場です。その名も「Files」。

macOSのFinderのように万能ではないものの、ファイルがローカルにあっても、iCloudやDropbox、Box、Google Driveといったサードパーティのクラウドもここから利用可能です

ファイルを探したいときは「Files」だけで完結して、探す手間が無くなりそうです。

macOSのようなドッグが追加

iPad向けのiOS 11では、新たにmacOS風のDockを搭載。アプリを起動中でも画面スワイプで呼び出すことができ、アプリを簡単に切り替えることが可能。また、Dockにあるアプリをドラッグ&ドロップすることで、画面の分割表示も簡単に利用することができます。またドックの端には、ユーザーの動きから判断して次に必要になりそうなアプリが表示されます。

OS Xのようなアプリスイッチャーにドラッグ&ドロップも可能に

iPadのアプリスイッチャーはOS Xのようにになって、分割表示中のアプリの間でクリップボードの中身や画像、ファイルと言ったものをやりとりできるように。複数アプリの内容を同時にサムネイル表示することで一覧性を改善し、右端にはコントロールセンターも統合。画面の明るさ調整や機内モードといった設定もこちらで行なえます。

ドラッグ&ドロップによる画像やURLのコピーも追加され、Safariで表示した画像やURLをドラッグ&ドロップして、メールアプリに直接コピーできます。新しいファイルアプリは、ファイルがローカル、iCloud、Box、Dropboxなどどのアプリに保存されているかに関わらず、すべての情報を1箇所に保存することができます。

QuickTypeキーボードはフリックだけで切り替えいらず

QuickTypeキーボードキーの上で下にフリックするだけで、句読点や記号、数字などが、キーボードを切り替えることなく入力可能に。これは便利!iPadだけなのがもったいないです。

Apple Pencilはメモ書きできるように

今回のiOS 11では、Apple PencilをメールやSafari、スクリーンショットやメモといったスタンダードなアプリでも、ちょっとしたメモを書き込むのに使えるようになります。ペンでタッチするだけで書き込めるようになります。

メモアプリでは、機械学習を使って手書きのメモを読み取ってインデックス化し、検索や編集可能な文書としてのコピー&ペーストを可能に。またiPadのカメラを使って簡易スキャナ化もでき、キャプチャした文書を自動できれいに変換してくれます。

Watch OS 4は自動的に情報を教えてくれる賢いOS

iOS 11などにあわせて、Apple Watch向けの新OS「Watch OS 4」も発表されました。アップデートの提供時期はiOS 11と同じく今年秋頃を予定しています。

時刻やユーザーの行動分析から必要な情報を必要に応じて表示させるインテリジェンスな「Siriウォッチフェイス」、履歴を把握してワークアウトを提案する「スマートアクティビティコーチング」、Apple Musicのプレイリストにアクセスできる新たな音楽体験などが特徴としてあげられています。

まずは「Siri」のウォッチフェイス。Siriが、利用状況に応じた通知をスクロール形式で自動表示するウォッチフェイスになって登場。ユーザーの行動を把握し、時刻や毎日の日課、アクティビティ・カレンダー・リマインダーといったアプリからの情報を元に、腕を上げるたびにディスプレイの情報が動的にアップデートされるというものです。Googleの「Android Wear」では、Google Nowを使って同様の機能を実現していますが、どれくらい機能に差があるのか、気になるところですね。

「トイ・ストーリー」などのウォッチフェイスも新たに追加されました。「ウッディ」や「バズ・ライトイヤー」など、映画『トイ・ストーリー』のキャラクターが登場する文字盤が追加され、以前からあった「ミッキー」のウォッチフェイスのネクストバージョンといったとことです。しかしAppleはまたもサードパーティーへのウォッチフェイス開放はなし。Android Wearのスマートウォッチのようにサードパーティ製の文字盤を利用することは出来ません。

「アクティビティ」アプリでは、アクティビティリングをより頻繁に達成できるよう、ユーザーに合わせたコーチングと激励を届けるように。「成果」のバッジ獲得ができそうなものを毎朝通知したり、前日と同レベルにするために何をしたらいいのかなどを提案し、毎月異なる「月間チャレンジ」もユーザーに合わせて提示されます。

また、ワークアウトの種類を簡単に切り替えられるようになったほか、一部ブランドのフィットネスマシンとApple Watchを同期させ、ワークアウトデータを共有できるようになります。

「ミュージック」アプリも刷新されました。「最近追加した項目」「お気に入り」や最も聴いている曲を自動的に同期。AirPodsとペアリングしてワークアウトや外出時に聴くことができるようになりました。

また、iOSの新機能として発表されたApple Payの個人間決済には、watchOSも対応します。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい