HUAWEI「P10」「P10 Plus」「P10 lite」を6月9日に国内発売へ 新世代ライカレンズ搭載のフラッグシップスマホ

ファーウェイ・ジャパンは6月6日、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」、「HUAWEI P10 lite」を日本で発売することを発表しました。

P10シリーズは2月のMWC2017で発表された同社のフラッグシップ端末で、日本での発売日は6月9日です。

HUAWEI JAPAN

HUAWEIのフラッグシップP10 /P10 Plus

HUAWEI P10/P10 Plusは、薄型のメタル筐体、Leicaとのコラボによるデュアルレンズといった特徴はそのまま継承しつつ、さらなる狭ベゼル化を行い、Gorilla Glass 5を採用。防水・防塵にも対応したフラッグシップ端末です。

どちらもも第2世代の「Leica Dual Camera」を搭載し、3D顔検出やダイナミックイルミネーションなどの機能により、ポートレート撮影をより強化。きれいな写真が撮影できると話題だったP9からさらに進化しました。

また、背面のメインカメラに加えて、フロントにもライカとコラボしたF値1.9のカメラを新たに搭載

撮影機能としては、光学式手ブレ補正、2つのレンズを組み合わせた2倍までのハイブリッドズーム(光学2倍ズーム相当)4つのAF(「レーザーAF」「デプスフォーカス」「コントラストフォーカス」「像面位相差フォーカス」)をサポート。動画は4Kサイズで撮影が可能です。

メインカメラは20MP(モノクロ)+12MP(F2.2/RGB、光学手ぶれ補正)のダブルレンズ、インカメラは8MP、F1.9のライカレンズを搭載します。

デュアルカメラの構成はどちらもモノクロ20MP + カラー12MP(P10はF2.2、F10 PlusはF1.8)。レンズはP10 Plus のみF1.8と非常に明るくなっています。(P10 Plusのみleicaレンズグレードがアップし、Leicaの「SUMMARIT」から「SUMMILUX」にアップ)

「ポートレートモード」は、190の測距点から顔の形状を3D認識することで陰影を作り出し、芸術的なポートレートに仕上げられるというもの。さらに、自然な色合いや肌つやを再現した美肌効果や、デュアルレンズの深度計算によって人物の背景にボケ味を加えることも可能。

モノクロセンサーのみを使ったモノクロ撮影や、フォーカスとボケ味を撮影時と撮影後に変更できる「ワイドアパーチャ」も利用できます。

 

P10は5.1型フルHD(1080×1920ピクセル)、P10 Plusは5.5型2K(1440×2560ピクセル)のディスプレイを搭載。いずれもカメラレンズの出っ張りはなく、厚さは6.98mmで共通。ディスプレイには強化ガラスの「Corning Gorilla Glass 5」を採用しています。ホームボタンは物理キーを採用し、画面の表示領域がアップ。指紋センサーは従来の背面から前面に移動し、背面はスッキリとしたデザインになりました。

プロセッサとして、同社が開発した8コアのKirin 960を採用(4×Cortex A73(2.4GHz) + 4×Cortex A53(1.8GHz)。RAMは4GB、ROM(内蔵ストレージ)は64GBです。

また、機械学習によってインテリジェントなメモリの割り当てや圧縮を行う「HUAWEI Ultra Memory」テクノロジーで、高速にアプリを立ち上げることができるといいます。

バッテリー容量はP10が3200mAh、P10 Plusが3750mAhで、急速充電にも対応しており、30分の充電で1日使用できるとしています。充電端子はUSB type-Cです。

また3G+4GのDSDSにも対応。3波のキャリアアグリゲーションも利用可能です。

HUAWEI P10

カラーはP10がダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラックの4色。P10 Plusがグリーナリーとダズリングゴールドの2色P10のダズリングブルーとP10 Plusのグリーナリーは、色見本帳でおなじみのPANTONEが監修したカラーで、特に「グリーナリー」は「2017年の色」とされる新色です。

HUAWEI P10 Plus

価格はP10が6万5800円(税別)P10 Plusが7万2800円(税別)で、量販店やMVNO各社が取り扱いを発表(フライングもありましたが…笑)。

P10はIIJ、イオンモバイル、エキサイトモバイル、NTTコム(gooSimseller)、DMM mobile、BIGLOBE SIM、mineo、LINEモバイル、楽天モバイルで取り扱い、P10 PlusはIIJmio、イオンモバイル、エキサイトモバイル、DMM mobile、NifMo、楽天モバイルで取り扱います。

ミドルレンジP10 lite

 

HUAWEI P10 liteは、「HUAWEI P9」の後継となる高コスパが売りのモデルです。価格は税抜2万9980円

メインカメラはピクセルサイズが1.25μmの大型センサーを採用した1200万画素インカメラは800万画素となり、ポートレートモードなどの各種撮影機能も採用しています。

CPUがオクタコアのHUAWEI Kirin 658(4.1GHz+1.7GHz)、RAMは3GB、ROM(内蔵ストレージ)は32GBで、最大128GBの外部ストレージ(microSDXC)に対応。

バッテリー容量は3000mAhで充電端子はmicro USB。9V/2Aの高速充電機能も内蔵しています。

ネットワーク面では2波のキャリアアグリゲーションが利用でき、アップデートでau VoLTEが利用可能です。

スペック表

 P10P10 PlusP10 lite
OSAndroid 7.0Android 7.0Android 7.0
ディスプレイ5.1インチ(1920×1200ドット, 2K)5.5インチ(2560×1440ドット, Full HD)5.2インチ(1920×1200ドット、Full HD)
サイズ/重量約69.3×145.3×
6.98mm、約145g
約74.2×153.5
×6.98mm、約165g
約72×146.5×
7.2mm、約146g
CPUHUAWEI Kirin 960
2.4GHz+1.8GHz(オクタコア)
HUAWEI Kirin 960
2.4GHz+1.8GHz(オクタコア)
HUAWEI Kirin 658
2.1GHz+1.7GHz
(オクタコア)
RAM(メモリ)4GB4GB3GB
ROM(内蔵ストレージ)64GB64GB32GB
外部ストレージmicroSD(最大256GB)microSD(最大256GB)microSD(最大128GB)
メインカメラモノクロ20MP + カラー12MP(F2.2)モノクロ20MP + カラー12MP(F1.8)12MP
フロントカメラ8MP、F1.98MP、F1.98MP
バッテリー容量3200mAh3750mAh3000mAh
カラーバリエーションダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラックグリーナリー、ダズリングゴールドサファイアブルー、プラチナゴールド、パールホワイト、ミッドナイトブラック

HUAWEI WATCH 2も国内発売

HUAWEI WATCH 2はクラシカルなデザインでスポーツ機能を搭載したAndroid Wear 2.0搭載スマートウォッチ

セラミックのベゼルを採用し、強固ながら約57gの軽量さを実現し、スポーツシーンで快適に利用できます。

移動距離や歩数、心拍数を測定してリアルタイムでコーチングしてくれる機能もあります。価格は税抜3万4800円です。

HUAWEI WATCH 2についての詳細はこちら

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい