東武・とうきょうスカイツリー駅付近が高架化で駅移設が決定 連続立体交差事業が事業認可

東京都は6月1日、東武鉄道の伊勢崎線(東武スカイツリーライン)とうきょうスカイツリー駅付近の連続立体交差事業を認可しました。本年度内に事業は着工する見込みで、分断されていた市街地がつながることで新たな道路の計画なども同時進行で行われ、まちの活性化も図ります。

東京都墨田区-東武伊勢崎線連続立体交差事業都市計画

 

この連続立体交差事業は、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)とうきょうスカイツリー駅付近の約0.9kmにおいて鉄道を高架化し、1箇所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化によってまちの活性化を図る事業です。

連立事業の事業主体は墨田区で、同区の押上二丁目から向島一丁目までの約0.9kmで線路を高架化。とうきょうスカイツリー駅は曳舟方へ約150m移設し、近くにある留置線も高架化されます。

連立立体交差事業は2016年3月に都市計画が決定。今回の事業認可では、事業期間が今年6月1日から2025年3月31日までとされています。

 

交差する道路の都市計画事業も同時に進行し、事業が完了すると、桜橋通りの踏切1カ所が解消。

既に立体化されている言門通りは道路幅を拡大。都営地下鉄浅草線・東京メトロ半蔵門線の押上駅付近にはスカイツリーラインの高架下を通る歩行者専用道路を新設し、南北分断を解消します。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい