“Androidの父”が送る新スマホ「Essential Phone」はベゼルレスな19:10の5.71型液晶搭載で拡張モジュール対応のハイエンド端末

「Androidの父」と呼ばれるAndy Rubin氏がGoogleを離れて設立した米Essential Productsが5月30日(現地時間)、同社初のAndroidスマートフォン「Essential Phone」(Essential PH-1)を発表しました。発売時期や地域などの詳細はまだ不明ですが、米国での販売価格は699ドル(約7万7000円)となっており、EssentialのWebサイトで予約受け付けを開始しました。

Essential Products(English)

Essential Product Official Blog(English)

19:10の5.71インチディスプレイ搭載

Essential Phone5.71インチのQHD(2560×1312)ディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン。

物理ホームボタンはなく、ベゼルレスな仕様。インカメラの左右両側にまでディスプレイが広がっており、ディスプレイのアスペクト比は19:10Galaxy S8LG G6のような最新トレンドが取り込まれたのかもしれません。

そして「端末はユーザーのもの」であることを示すために、Essential Phoneには会社や製品のロゴは入っていません

Moto Zのように拡張モジュールに対応

Essential Phoneの最大の特徴は、「Moto Z」のようなモジュール式の周辺機器を脱着できる点背面に無線データ転送可能なマグネティックコネクタを備えていて、充電器やカメラなどのアクセサリを取り付けられます。このコネクタは60GHz/ 6Gbpsでのデータ転送が可能です。

マグネティックコネクタは、将来的に専用のワイヤレス充電ドックにも対応します。

まずは専用アクセサリーのひとつとして、超小型の「360度カメラ」を発売。カメラとコネクタを合わせるとマグネットでくっつき、360度写真や360度ムービーが撮影可能になります。

本体と一緒に購入する場合は50ドル、単体では199ドルになる見込みで、大人の親指より少し大きいくらいのサイズで、重さは35グラム。本体に装着し、本体のアプリで操作します。主な仕様はデュアル12MPカメラ、F1.8レンズ、4K 30fps撮影、360度オーディオのAmbisonic対応4マイクアーキテクチャにQualcomm 8053を採用しています。

背面カメラはデュアルレンズでインカメラの4K動画撮影も

メインの背面カメラはデュアルレンズを採用。iPhone 7 Plusのような広角・望遠用ではなく、Huawei P10・P9と同様のモノクロセンサーで、暗いところでの撮影をサポートします。

レンズはどちらも1300万画素・F値1.85で、4K動画撮影も可能。またフロントのインカメラは800万画素で、こちらも4K動画撮影可能となっています。インカメラで4Kが撮れるとは…。

傷が付きにくいチタンフレームとセラミックを採用

筐体は落としても傷がつきにくいチタンフレーム背面セラミック前面ゴリラガラス5カバーで傷を防止したシンプルなデザイン。アルミ製端末だと落下した時に傷つきやすい四隅がへこんだり擦れたりする心配はない、と公式サイトには比較画像も上がっていました。(あ、あの端末か…とわかってしまいますが)

Snapdragon 835搭載でカラバリ4色

 

さて気になるスペックですが、プロセッサはQualcommのSnapdragon 835(2.45GHzクアッドコア+ 1.9GHz クアッドコア)、メモリ(RAM)は4GB、ストレージ(ROM)は128GB(UFS 2.1)と、高いパフォーマンスが期待できそう。

通信は、Bluetooth 5.0、Wi-Fiは802.11a/b/g/n/ac with MIMO、NFCに対応。SIMはnano SIMです。

対応ネットワークバンドは、FDD-LTE(Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 17, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 66)、TDD-LTE(Bands 38, 39, 40, 41, 42, 43)、W-CDMA(Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8)、TD-SCDMA(Bands 34, 39)、CDMA2000(BC0, BC1, BC10)、GSM(850/900/1800/1900MHz)とかなりの数のバンドをサポートしています。LTE bandが日本だと18,19以外ほぼ全部対応しているので、どのキャリアでも使えることにはなりますね。

バッテリーは3040mAhで、端子はUSB type-Cですが、前述のとおり将来的に専用ドックでのワイヤレス充電に対応します。なお急速充電アダプタ(27W Type-C)も付属品としてついてきます。また、ヘッドホン端子はないため、USB type-C to 3.5mmイヤホンジャックの変換ケーブルも付属します。

また生体認証として指紋認証を採用し、背面にセンサーがあります。

サイズは141.5×71.1×7.8ミリ、重量は185g。OSはAndroid 7.x Nougatです。

カラバリはブラックムーン、ステラーグレイ、ピュアホワイト、オーシャンデプスの4色。

価格はEssential Phoneと360度カメラのセットが749ドル(約8万3000円)本体のみで699ドル(約7万8000円)です。記事執筆時点では、ブラックとホワイトのみ予約可能となっています。発売時期は現在のところ不明ですが、予約を開始している点から、今年の夏もしくはホリデーシーズン前に発売すると思われます。

おわりに

というわけでAndy氏らEssentialの「Essential Phone」でした!

Andy氏は公式サイトに掲載されているインタビューで「Androidは多くの人たちにモバイルテクノロジーをもたらしたが、Androidの良さを帳消しにするかのように複雑過ぎる機能群がユーザーを悩ませている。ユーザーにとって必要不可欠なものを提供するのがEssentialの目的。高質なマテリアルと優れたクラフツマンシップの価値を多くの人たちにとどけ、(モジュール設計で)ユーザーとともに成長するデバイスを目指した。シンプル・イズ・ベターは不変だ」となんともかっこいことを語っています。

対応バンドの多さからも、米国だけでなく世界中での展開も狙っているのかもしれませんね。(日本発売してほしいなあ)

果たして”Androidの父”が生み出した新たな端末はモバイルテクノロジーに新たな変化をもたらすのか、

個人的には、Essential PhoneやSamsung Galaxy S8のように「フルディスプレイ」の時代が到来するのか、注目です。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい