[COMPUTEX 2017] intelが第8世代「Coffee Lake」プロセッサを発表 新最上位「Core i9」も新登場

intelは5月30日、台湾・台北で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2017」の基調講演で、プロフェッショナル・ゲーミング向けのハイエンドプロセッサ「Core Xシリーズ」と、Core iファミリーの新最上位ブランド「Core i9」を発表しました。

合わせてPC向けの第8世代Core iプロセッサファミリー(Coffee Lake)2017年後半にリリースすることを明らかにしました。

Intel Newsroom

《COMPUTEX 2017関連記事はこちら》

第8世代Core iファミリーは2017年後半リリースへ

intelは、ノートPC・デスクトップPC向けの第8世代Core iプロセッサファミリー(Coffee Lake)2017年後半にリリースすることを明らかにしました。

intelが公開したテスト結果では、第7世代Core iファミリー(Kaby Lake)と比較して30%のパフォーマンス向上を実現したといいます。

第7世代が第6世代から性能を15%引き上げたのに対し、第8世代は第7世代から30%性能を引き上げたということで、さらにパフォーマンスの向上が期待できます。

第8世代Core iプロセッサの搭載PCは、2017年末にも市場投入される見込みとなっています。

超ハイエンド「Core i9」も登場した「Core X」シリーズ発表

「Core Xシリーズ」は、開発コードネーム「Basin Fall(ベイスンフォール)」の名で知られたintelのハイエンドプロセッサ(CPU)。

第6世代(Skylake)のSkylake-X第7世代(Kaby Lake)のKaby Lake-Xという2つのプロセッサから構成されるCore Xシリーズ・プロセッサは、ハイエンドPC向けと位置づけてられたもの。ゲーミングPCやプロフェッショナル用デスクトップPC向けとして展開されます。

Core Xシリーズの最上位に位置付けられる「Core i9-7980XE」(Core i9 Extreme)は、18コア・36スレッドでの動作に対応するというモンスタースペックで、従来のハイエンドプロセッサよりもさらに高速に動作します。

従来のintel Core i CPUといえば、i3・i5、i7の3つでしたが、新しく「i9」というセグメントが加わりました。

Core Xシリーズのラインアップは以下の通り。なお、いずれのモデルもCPUソケットが「LGA 2066」に変更されているため、対応のマザーボードを用意する必要があります。

Kaby Lake-X

  • Core i5-7640X(4コア・4スレッド/4.0~4.2GHz)
  • Core i7-7740X(4コア・8スレッド/4.0~4.2GHz)

Skylake-X

  • Core i7-7800X(6コア・12スレッド/3.5~4GHz)
  • Core i7-7820X(8コア・16スレッド/3.6~4.3~4.5GHz)
  • Core i9-7900X(10コア・20スレッド/3.3~4.3~4.5GHz)
  • Core i9-7920X(12コア・24スレッド)
  • Core i9-7940X(14コア・28スレッド)
  • Core i9-7960X(16コア・32スレッド)
  • Core i9-7980XE(18コア・36スレッド)

*動作周波数が未記載のものは発表段階で未公表

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい