Googleアシスタントが5月29日から日本語に対応! Android 6.0以上で随時使用可能に

Googleは、音声認識とAIを組み合わせた会話型AI「Googleアシスタント」の日本語版の提供を開始したと発表しました。

Google Playストア搭載のAndroid 6.0/7.0のスマートフォンで利用できるということで、5月29日から数週間かけて、全ての端末で利用できるようになります。

Google Japan Blog

Google アシスタントは、Google がこれまでに培った自然言語処理の技術で、言葉を理解し、まるで人と話しているように自然に会話できる音声アシスタントです。機械学習や日本発売も決まったGoogle Homeなどの様々な製品を組み合せて適切な結果を案内してくれます。

利用方法は簡単。

Androidスマートフォンのホームボタンを長押しするか 「 OK, Google」と声をかけて Google アシスタントを起動します。

「こんにちは」と話しかければ、Googleアシスタントは「こんにちは、何かご用はありますか?」など、人と会話するように返答してくれます。

アラーム設定やスケジュールの登録、交通状況の確認、近くにあるカフェの場所の検索などベーシックな使い方のほか、Googleフォトに登録した写真から「北海道で撮った夕日の写真を見せて」とリクエストして探したり、Google play Musicと連携して「ランニングに最適な音楽を流して」などとリクエストして音楽を再生することも出来ます。

音声入力だけではなく、テキスト入力で利用することもできるようになっていて、電車内や図書館なんかでも積極的に利用できます。

メッセージの送信やリマインダの設定などの「タスク確認」や、フライト状況のチェックや映画が始まる時間などの「1日のサポート」、Google Play MusicやYouTubeの再生などの「エンターテインメント」、天気や交通、スポーツ情報確認などの「調べ物」などの機能も呼び出すことができ、Google アシスタントに自分の名前や好きな食べ物を教え込むこともできます。

Google アシスタントは、Android 7.0 Nougat、Android 6.0 Marshmallowに対応し、Google Playストアを搭載するすべてのAndroidスマートフォンで利用できる。今後数週間かけて順次すべての端末で利用できるようになります。また、時期は未定ですがiOS版も提供する予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい